ターミナルから Kobito へ文字列を送信する

  • 7
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

以下のファイルをパスが通った場所に保存し、実行権限をつけておく。

kobito
#!/usr/bin/ruby

if File.pipe?(STDIN) && data = STDIN.read
  path = "/tmp/kobito#{Time.now.to_i}.md"
  File.open(path, "w") { |io| io.print data }
  system "open -a Kobito '#{path}'"
  File.delete(path)
end

あとは、

% history | tail -n 5 | kobito

とか、

% pbpaste | kobito

のように実行すると、Kobito にターミナルから実行結果などを流し込める。コマンドの実行手順とかをメモするときに便利かもしれない。

(Kobito が AppleScript に対応していたりすると、ファイルにいったん書き出したりする必要がなくなるのかもしれない。標準の機能で同様のことができると嬉しいかも)