自分がsudo権限のない共用サーバでCMakeでのビルドを使いたかったのですが、
CMake等はインストール先を$HOMEディレクトリにすれば、
インストールできることを知ったのでメモしておきます。

元記事はこちらです。

ちなみに makezlib は必要みたいですが、これもローカルビルドすれば可能かもしれません。

環境変数の追加

ビルド先を指定するために環境変数に$HOME以下のディレクトリを指定します。
また、もしなければdirectoryも作っておきます。

.bashrc
export PATH=$HOME/bin:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=$HOME/lib/:$LD_LIBRARY_PATH

ビルドするだけならsession内でexportすればいいですが、
cmakeコマンドを毎回ロードする際は.bashrc等にも記載します。

bin.binとかでもいいかもしれません。
また、LD_LIBRARY_PATHは不要かもしれないですね、、

CMakeのダウンロード・ビルド

ローカルにダウンロードしてビルドします。

公式サイトでは ./bootstrap でconfigurationしていますが、
下の記事のように、.configureを使っています。

また、--prefixオプションでインストール先を指定することでローカルにインストールしています。

$ tar -xf cmake*.tar.gz
$ cd cmake*
$ ./configure --prefix=$HOME
$ make
$ make install

これで完了です。

$ cmake --version
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.