Help us understand the problem. What is going on with this article?

New Relicを使って手軽にローカル開発環境のrailsアプリのプロファイル

More than 3 years have passed since last update.

いまのところRailsで動かしたNew Relic Ruby Agentでしか確認していないのですがNew Relicのプロファイラがlocalで利用できます。

まずはスクリーンショットを確認してみます。

pro_1.png
pro_2.png
pro_3.png
pro_4.png

初めてみたとき すげー と思いました。
いままでNew RelicのWeb上でしか確認できなかったものが、ローカルで手軽にできます。
ただ、注意として直近の100リクエストしか履歴がありません。

使い方としては以下があるかなと思います。

  • ローカルの開発環境で使用し、開発中のAPIなどのプロファイラとして使う。パフォーマンス改善に役立つ
  • 新しくメンバーに入った人にプロファイラみてもらって関数呼び出しなどを確認してもらう
  • ステージング環境(MySQLのサーバがAppサーバと分かれているとよりパフォーマンスがわかりやすい)で使用し、SQL文とそれぞれのパフォーマンスを確認
  • ローカルでのみ実行(New RelicのWebにはパフォーマンスを送らないように設定できる)

Developer Modeの設定の仕方

newrelic.ymlで、以下の項目が含まれている事を確認

monitor_mode: false
developer_mode: true

rails sなどでサーバを起動し、 http://example.com/newrelic など通常のURLの下に、/newrelicでアクセス

便利です。pythonのAgentには無いのかな。。。
Railsははほかにもそれっぽいgemがありそうな気はします。

参考

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away