Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu 14.04.4 LTS のPHP5.6をPHP7にした話

More than 3 years have passed since last update.

3oemvvQT.png

どうも、虚弱サーバーを必死にサーバー管理してます。
今日はサーバーのPHPをせっかくなのでPHP7にするまでのお話。

0.導入環境

  • Ubuntu 14.04

1.リポジトリ追加

まずは【Ubuntu】PHP 5.6 を PHP 7 へアップグレード
を参考にリポジトリを追加します。
せっかく公開されてるのでありがたく使います。

$ sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php
$ apt-get update

updateも忘れずに。
尚、追加するリポジトリは非公式で個人やチームでも
公開できるものであるため、環境によっては
システムが非常に不安定な状態や、
パッケージマネージャーが動作しなくなるといった
状態を招く恐れもあるため、
ご理解の上で利用してください。
又、この記事を参考に導入した際に
生じたいかなる損害についても責任を負いかねます。

2.PHP7をインストール※

実はここが問題で、最初PHP7.0だけ入れればいけるかなって
思って
$ sudo apt-get install PHP7.0
だけしちゃったんですが、
PHP5のコンフィグファイルがそのまま残ってしまってて
apache2上ではPHP5のままになってしまうんです。
そしてapache2のModuleを入れてなかったため、
若干ハマることになってしまいましたが、
Upgrading PHP 5.X to PHP 7 on Ubuntu 14.04 / Apache – MarkHodder.com
この記事を見つけまして、

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get purge php5-fpm
$ sudo apt-get --purge autoremove
$ sudo apt-get install php7.0-fpm php7.0-mysql php7.0 libapache2-mod-php7.0

というコマンドを実行しまして、(もしかしたらいらないのもあるかも)
apacheを再起動します

$ sudo service apache2 restart

phpinfo()で確認したところ無事PHP7.0になりました!

FIN おつかれさまでした。&余談

今回せっかくPHP7.0にしたんですが、
サーバーでたいしたことしてなかったので
せっかくの速さを体感できなかったことが悔やまれます。
でも少しずつPHPも勉強してバージョン上げたことを
活用していきたいと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away