Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mac上にデータ分析で使用するAnacondaをインストールし、IDEを起動するまで

More than 3 years have passed since last update.

環境

Mac OSX: 10.11.3
Python: 2.7.10(System)
Pyenv: 20160202
Anaconda: 3-2.4.1 ※2016/03/27現在の最新バージョン
Python: 3.5.1(Anaconda)

Pyenvをインストール

brew install pyenv

※brewコマンドはHomebrewのインストールが必要です

Pyenvの設定

以下を追記する。

~/.bash_profile
export PATH="$HOME/.pyenv/shims:$PATH"

Anacondaをインストール

以下のコマンドでインストールできるAnacondaバージョンを確認する

pyenv install --list | grep anaconda

そして、以下のコマンドで指定のバージョンをインストールする

pyenv install anaconda3-2.4.1
  • Anacondaを利用するときのPythonはAnaconda内のPythonのバージョンに依存します
  • Mac OSX 10.11の標準Pythonバージョンは2.7.10だが、Anaconda3-2.4.1は、3.5.1

パッケージのインストール

パッケージのインストールは、Anaconda内のpipを利用して、インストールすること。Anacondaのpipを指定せずにpipコマンドを実行してしまうと、標準で使用しているPythonを呼び出しインストールするため使用できないと思うので注意(未検証)。

~/.pyenv/versions/anaconda3-2.4.1/bin/pip install [パッケージ名]

e.g.

~/.pyenv/versions/anaconda3-2.4.1/bin/pip install pulp
~/.pyenv/versions/anaconda3-2.4.1/bin/pip install ortoolpy

IDEの起動

Anacondaランチャー画面起動

Anacondaをインストールするとショートカットがデスクトップ上に作成されるので、ダブルクリックすると、Anacondaのランチャー画面が出現します。

※以下の.appをダブルクリックでももちろん起動します

~/.pyenv/versions/anaconda3-2.4.1/Launcher.app

Spyder起動(IDE)

Anacondaランチャー画面のspyderの右にある「Launch」をクリックすると、Spyder(IDE)を起動できます。

まとめ

データ分析するための環境がこんなに簡単に構築できちゃうなんて、とてもありがたいですね。
今後は、データの収集・加工・分析・最適化などで使用していきたいと思います。
それらの記事も投稿していきたいと思います。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away