Edited at

Golangをgoenvを使ってインストールしてみた

More than 1 year has passed since last update.


version

macOS: 10.12.4

goenv: 1.0.0


goenv とは

goenvは、go言語のバージョンを管理するやつ。

早速インストールする。

リポジトリは、こちら です。


goenv インストール

Homebrewでインストールする。

$ brew install goenv

以下の設定を追記する。


~/.bash_profile

export PATH="$HOME/.goenv/bin:$PATH"

eval "$(goenv init -)"

ターミナルを再起動する。

以上で、goenvのインストール&設定終了。簡単。


go言語(golang)のインストール

golangはまだインストールしていないので、早速インストールする。

まず、ダウンロード可能なgolangバージョンを調べてみよう。

以下のコマンドで、現在ダウンロード可能な、golangバージョンがわかる。

$ goenv install -l

Available versions:
1.2.2
:
1.7.4
1.7.5
1.8.0

今回は、1.7.5をインストールしてみよう。

goenv install 1.7.5


golangの設定

インストールが終わったら、設定を行う。

以下のコマンドで、使用するgolangバージョンを設定する。

goenv global 1.7.5

以上で、設定完了。ちゃんと読み込まれているか、確認してみる。

$ go version

go version go1.7.5 darwin/amd64

完璧。


その他コマンド


切り替え可能なバージョンの確認

$ goenv versions

* 1.7.5 (set by /Users/hogehoge/.goenv/version)
1.8.0

* が付いているのが、現在読み込まれているgolangのバージョン。


バージョン切り替え

goenv global 1.8.0


アンインストール

goenv uninstall 1.7.5


コマンドの確認

goenv --help

以上、goenvの説明でした。golang開発をエンジョイしましょう。