Help us understand the problem. What is going on with this article?

Macで公開鍵と秘密鍵を生成する方法

Macを使ってはじめて公開鍵と秘密鍵を生成したので、手順を書きます。
はじめての方は手順通りに進めれば鍵が生成できます。

対象者

  • Macを利用している方
  • はじめて秘密鍵と公開鍵を生成する方

①.sshディレクトリに移動

まずは、下記のコマンドを実行して鍵を入れるフォルダに移動します。

$cd ~/.ssh

もし、/.ssh: No such file or directory と怒られたら.sshディレクトリがないので作成してください。

次のコマンドでフォルダを作成します。

$mkdir ~/.ssh

②lsコマンドでこのディレクトリに何もないことを確認

lsコマンドでこのディレクトリに何もないことを確認します。

$ls

③鍵の生成

次に以下のコマンドで鍵を生成します。

$ssh-keygen -t rsa

実行すると以下の3つのことを聞かれます。

  • 鍵ファイルを保存するフォルダの名前
  • パスフレーズ
  • パスフレーズ(確認用)

すべて Enterを押しても構いません。

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/(ここはユーザーの名前が入ります)/.ssh/id_rsa): <----- ここで鍵ファイルを保存するフォルダの名前を設定できます
Enter passphrase (empty for no passphrase): <----- パスフレーズ
Enter same passphrase again: <----- パスフレーズ(確認用)
Your identification has been saved in /Users/(ここはユーザーの名前が入ります)/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /Users/(ここはユーザーの名前が入ります)/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
99:24:u0:8i:2d:34:e6:82:r5:89:41:p8:a7:58:1p:n2(ここにメールアドレスが入ります).local
The key's randomart image is:
+---[RSA 2048]----+
|      . =+.+.    |
|     . + .+      |
|  . .   .. .     |
| o + o  o + .    |
|o . o o.SB ..+   |
|..     .+ +oo+o  |
|o .    . ..*=.o. |
|.o      . ..E+.o+|
|.           .+=o+|
+-----------------+

この後に下記のコマンドを入力して~/.sshの中身をみてください。

$ls

すると次のような2つのファイルが作成されているのが確認できます。(先程、名前を設定していればそれが表示されます)

 id_rsa
 id_rsa.pub

id_rsaファイルが秘密鍵ファイルです。
id_rsa.pubファイルが公開鍵ファイルです。

生成した公開鍵の内容は次のコマンドで確認できます。

cat ~/.ssh/id_rsa.pub
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away