Edited at

アリババクラウドのECSを東京リージョンの最安値で起動してみる!

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

いわゆる、やってみたって記事ではあるのですが

以前起動だけはしてるんですけど

改めて、まとめてみます。


コンソールにログインして、ECSを選びます。

0.fq07wowj8i.png


インスタンスを選びます。

インスタンスリストから

Asia Pacific NE 1 (Japan)

を選びます。

0.m8w6wnvkoam.png


スタータパッケージのまま買わずに、エキスパート向け&従量課金に切り替えましょう。

ここは、重要なポイントです。

月額課金が主体のため、従量課金を確認してインスタンスを選びましょう。

選び間違えると金額が大きくなります。

0.ea4nkj9z6ss.png

0.t10ikjz8s8e.png

このパッケージコストが

/時間

になっていることを確認しましょう


エキスパート向け&従量課金でインスタンスを構築する


基本構成

一番低いインスタンスを起動します。

ecs.xn4.small を選択しました。

0.bkf53u88gu6.png

イメージを、Aliyun Linux 17.1 64bit。

ストレージを、Ultra クラウドディスクの20GB

にしました。ここの選定はざっくりとしてます。

0.chikeuwce3e.png


ネットワーク

ネットワークはまた別の機会に話したいので少し省略していきます。

もしWEBサーバを作るのでしたら、セキュリティグループで80と443ポートを開いてください。

0.nxj1rl9wrpk.png


プレビュー

利用規約の

ECS SLA と 利用規約に同意する

にチェックしてインスタンスの作成してください。


できあがり

インスタンスが作成できます


インスタンスが作成できたら

0.a7xp33o9vbm.png

このままですとサーバにアクセスできません。


パスワードを設定して再起動してください。

0.dct3tlslhtm.png


ターミナルを起動してサーバにSSH接続します。

[f_prg@Documents] $ ssh root@47.74.8.241

The authenticity of host '47.74.8.241 (47.74.8.241)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:1mcnQCUuwlEG6rwSqxX0EuwpcHhTMvMQMep6p6ftgHg.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '
47.74.8.241' (ECDSA) to the list of known hosts.
root@47.74.8.241'
s password:

Welcome to Alibaba Cloud Elastic Compute Service !

[root@iz6web5k6nxope3402r41az ~]#

久々にrootユーザーでパスワードログインというSSH接続しました。。。


まとめ

ひとまず簡単に起動までというところです。

もう使わない場合は、リリースしてサーバを破棄しましょう。