Posted at

NetBackup CloudCatalyst for AWS入門 その1

NetBackup 8.1からの新機能であるCloudCatalystについて、3回に分けて解説を行います。

今回はCloudCatalystの概要についてお伝えします。


CloudCatalystとは?

従来のNetBackupでは、重複排除されたバックアップデータをクラウドストレージに複製する際、バックアップデータが復号化されて保管されていました。

この弱点を克服するのが、CloudCatalystになります。

CloudCatalystは、重複排除済みのバックアップデータをクラウドストレージへ複製するゲートウェイで、メディアサーバーとして機能します。CloudCatalystはメディアサーバーとして機能しますが、マスターサーバーとは切り離して構築する必要があります。

CloudCatalystまんが.png


CloudCatalystの必要要件

CloudCatalystは、NetBackup ApplianceまたはLinuxメディアサーバーのどちらかで構成する必要があります。


  • NetBackup Appliance


    • Veritas NetBackup CloudCatalyst Appliance 5240



  • Linuxメディアサーバー


    • Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降

    • NetBackup 8.1 以降

    • CloudCatalystのローカルキャッシュディレクトリ用に4TB以上の容量



上記の他に、制限事項や最小システム要件などが「重複排除ガイド」に記載されていますので、こちらも併せてご確認下さい。


対応しているクラウドストレージは?

今回はAmazon S3にバックアップデータを保管する想定で記載していますが、Amazon S3以外のクラウドストレージにも対応しています。


  • Microsoft Azure Blob Storage

  • Google Cloud Storage

  • Veritas Access

  • Hitachi Content Platform

  • Fujitsu Enterprise Cloud Service K5

  • NEC Cloud IaaS

上記以外にも様々なクラウドストレージをサポートしておりまして、「Hardware and Cloud Storage Compatibility List」に記載されています。「Cloud Storage - Vendor Compatibility」にある「CloudCatalyst: Yes」となっているベンダーをご確認下さい。


必要なライセンスは?

CloudCatalystはメディアサーバーとして機能し、マスターサーバーとは切り離して構築する(=3層アーキテクチャになります)必要があります。そのため、ライセンスオプションによって、必要となるライセンスが変わってきます。


  • Platform Base (容量モデル) の場合


    • Platform Baseは全ての機能が包含されているライセンスのため、バックアップ対象の容量が増えない場合、追加購入は必要ありません。



  • 従来ライセンス (サーバーライセンスモデル) の場合


    • CloudCatalystはメディアサーバーですので、サーバーライセンスとなり、また、3層アーキテクチャになるため、「NetBackup Enterprise Server」が追加で必要となります。




おわりに

次回は、CloudCatalystの構築手順をお伝えします。

お楽しみに!