Edited at

brew bundleでMacのアプリをまとめてインストール・管理

AnsibleでMacのアプリをインストールしたり、管理したりしたが、便利な brew bundle コマンドを発見した。

新人のMacの開発環境準備や、自分のMacを変えたり、リセットしたりするときにも楽勝。


Brewfile

Brewfile を用意して、brew bundleを実行すると、アプリを一括インストールできる。

# Brewfile

cask_args appdir: "/Applications"
tap "caskroom/cask"
tap "homebrew/bundle"
tap "homebrew/core"

cask "google-chrome"
cask "slack"
cask "github"
brew "git"
brew "vim"
brew "zsh"
brew "zsh-completions"
cask "iterm2"
cask "atom"
cask "jetbrains-toolbox"

brew "docker"
cask "docker"

さらに、



  • brew bundle cleanup でBrewfileに入っていないアプリを削除


  • brew bundle dump でBrewfileにインストール済みアプリのリストを出力


  • --globalオプションで ~/.Brewfile を利用

などができます。


Mac引っ越しの流れ


引越し元Macで

cp ~/.Brewfile ~/.Brewfile.bak

brew bundle dump --global --force
gist ~/.Brewfile

すると Brewfile が https://gist.github.com/1d0a1d21c58314d4d4546570c3ac77f8 のような URL に保存される。


引越し先Macで


  • 先に保存した Brewfile をダウンロードし、~/.Brewfile に保存

  • brew をインストール


  • brew bundle --global を実行


参考