Edited at
AidemyDay 9

python  無名関数 lambda式 その1

Pythonで関数を作成する際には


例1:x^2を出力する関数pow1(x)

def pow1(x):

return x ** 2

として関数を定義しますが、以下の 無名関数(lambda式) を用いることでコードを簡素化できます。


例2:pow1(x)と同じ働きを持つ無名関数pow2

pow2 = lambda x: x ** 2


lambda式を用いることで、式をpow2という 変数 に格納できます。

lambda式の構造は

lambda 引数: 

となっており、上記のpow2では引数 xx**2 の式で計算した値にして返すことを意味しています。

lambda式に引数を渡して実際に計算する場合は、


例3:pow2に引数aを渡して、計算結果をbに格納する

b = pow2(a)


とすればよく、defによって作成された関数と同様に使えます。

引用:アイデミーデータクレンジングコース

(上記の弊社サイトでは問題演習が可能です)

その1 https://qiita.com/vntomo/private/49cd45d3798bb66a3775

その2 https://qiita.com/vntomo/private/c041a004d60d00ad464b

その3 https://qiita.com/vntomo/private/fd16e40a21bde5dc03ae