GoogleSpreadSheet
redash
RedashDay 16

redashで集約したデータをGoogleSpreadSheetで取り扱う ~ redashをデータAPIとして使う ~

「redash spreadsheet」で検索すると、spreadsheetをredashのデータソースにする方法しか乗っておらず、逆にredashでかき集めたデータをspreadsheetで取り扱う方法を見つけられませんでした。

そこで今回は「既存の管理表にこのデータも紐づけてほしいんだよね〜」みたいなときに使える、『redashを経由してspreadsheetでデータを扱えるようにする方法』をまとめました。

1. redash APIの設定

a. クエリを書く
通常どおり、ほしいクエリを書いてsaveします
query.png

b. API KEYを取得
メニューの「Show API Key」をクリックして、API KEYを取得します
api.png
api key.png

c. urlを生成
作成したクエリのurlからqueryのidを取得して、先ほど取得したAPI Keyと合わせて以下のようなurlを生成します。
(これをブラウザで叩くとcsvをダウンロードできます)

https://[redash domain]/api/queries/[queryのid]/results.csv?api_key=[API Key]

2. google spreadsheetで表示

a. IMPORTDATA関数を用いて、redashのデータを取り込み
新しいシートを作成して、左上のセルに以下の式を埋め込みます

=IMPORTDATA("https://[redash domain]/api/queries/[queryのid]/results.csv?api_key=[API Key]")

b. vlookupなどで、取り込んだデータと既存のデータを紐付けます

最後に

「既存の管理表にこのデータも紐づけてほしいんだよね〜」というときに、真面目にAnalyticsやアプリケーションDBにクエリを投げてもいいですが、redashにデータを統合しているならredashをデータのAPIとして利用すると簡単にspreadsheetにデータを取り込めます

是非やって見てください