LoginSignup
24
33

More than 5 years have passed since last update.

Linux OS ubuntu のlocale 設定

Posted at

locale 設定

手元の環境構築で言語設定、時間、地域などのlocale設定をしてないと、何かと不便であると感じることが多かったので、日本語環境の設定手順を記録しておきます。

$ locale

LANG=
LANGUAGE=
LC_CTYPE="POSIX"
LC_NUMERIC="POSIX"
LC_TIME="POSIX"
LC_COLLATE="POSIX"
LC_MONETARY="POSIX"
LC_MESSAGES="POSIX"
LC_PAPER="POSIX"
LC_NAME="POSIX"
LC_ADDRESS="POSIX"
LC_TELEPHONE="POSIX"
LC_MEASUREMENT="POSIX"
LC_IDENTIFICATION="POSIX"
LC_ALL=

LANGとLANGUAGEが空になっているので、
デフォルトの言語設定担っている。

この状態だと、日本語のようなマルチバイト文字をコンソール上で入力すると文字化けを起こしてしまうので、
変更する。

$ locale -a   # localeの言語設定できる一覧が表示される
C
C.UTF-8
POSIX

デフォルトの環境では日本語のパケージがないので、インストールする

$ apt install language-pack-ja-base language-pack-ja ibus-mozc # 日本語関連パッケージをインストール

$ locale -a
C
C.UTF-8
POSIX
ja_JP.utf8    #追加された日本語パッケージ

日本語環境のパケージがインストールされたので、環境設定を上書きする

echo 'export LANG=ja_JP.UTF-8' >> ~/.bashrc
echo 'export LANGUAGE="ja_JP:ja"' >> ~/.bashrc

一度ログアウトしてから再ログインすると日本語に対応している。

dockerで環境構築しているなら、Dockerfileに日本語環境を構築していると手間を省けるので楽だと思います。

FROM ubuntu:latest

RUN apt update && apt upgrade -y
RUN apt install language-pack-ja-base language-pack-ja ibus-mozc
RUN echo 'export LANG=ja_JP.UTF-8' >> ~/.bashrc
RUN echo 'export LANGUAGE="ja_JP:ja"' >> ~/.bashrc

環境構築って慣れないと、
アプリ開発をする前に疲れちゃいますよね。
ささっと開発できる環境をいつでも簡単に作れる状態にしておくことが大切であると最近強く感じています。

24
33
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
24
33