search
LoginSignup
61
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Raspberry Pi 3のBluetoothでBLE Peripheral(bleno)を試してみる

まえおき

ちょっとアプリの対抗として BLE Peripheral を実装(エミュレーション)する必要があったのだが、iOS/AndroidだとMACアドレス周りのセキュリティ考慮や、Android同士だと相性が出るという不治の病などがあって、スマートフォンでやるのは無理があるなぁと思っていた。
また、現場で実際にアプリのテストをやろうとしたりすると、Macのエミュレーションとかも、パラでやるのに向いていないのでなんだかなぁという状態だった。

「Raspberry Pi 3 Model B」発表のお知らせ
https://raspberry-pi.ksyic.com/news/page/nwp.id/24

そんな折、Raspberry Pi 3先生にBluetooth 4.0/Wifiが内蔵されたということで、node.js/blenoあたりで実装すればハードの仕様差も少ないし調達も楽だしで現実的じゃん?と思った。
ただ、恥ずかしながらbleno自体初めてだし、Raspberry Pi 3でPeripheralキメたって話もあまり見つからなかったので、とりあえずミニマムで試してみた。

前提

  • Raspberry Pi 3 Model B がある
  • raspbianはインストール済み
    • Linux raspberrypi 4.1.19-v7+ #858 SMP Tue Mar 15 15:56:00 GMT 2016 armv7l GNU/Linux
    • /etc/debian_version : 8.0
  • sudo apt-get update とかはあらかた終了

下ごしらえ

nodebrewでnode.jsをインストール

Macで慣れているという理由で、深く考えずにnodebrewをインストール 
ここらへんを参照

Raspberry PiにnodebrewでNode.jsをインストールする
http://qiita.com/yuyakato/items/a1225154445520dc2db3

参照がうまく切り替わらなかったので一旦リブートしてからnodebrewでnode.jsをセットアップ 

$ nodebrew install-binary v4.4.3
$ nodebrew use v4.4.3

bleno向けモジュール群

https://github.com/sandeepmistry/bleno の言う通りにセットアップ

$ sudo apt-get install bluetooth bluez libbluetooth-dev libudev-dev

BLE Peripheralサンプル

blenoのサンプルをそのままコピペしてドーンでもいいのだけれど、何を実装しなきゃいけないかを把握したかったので、ミニマムな内容であえて一気通貫で書いてみた。

package.json
{
  "name": "bleno-sample",
  "version": "1.0.0",
  "description": "bleno sample for rspi3",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC",
  "dependencies": {
    "bleno": "^0.4.0"
  }
}
index.js
var bleno = require('bleno');

var name = 'raspberrypi';
var serviceUuids = ['180F'];

var primaryService = new bleno.PrimaryService({
    uuid: '180F',
    characteristics: [
        new bleno.Characteristic({
            uuid: '2A19',
            properties: ['read'],
            value: new Buffer([100])
        })
    ]
});

bleno.on('stateChange', function(state) {
    console.log('stateChange: '+state);
    if (state === 'poweredOn') {
        bleno.startAdvertising(name, serviceUuids, function(error){
            if (error) console.error(error);
        });
    } else {
        bleno.stopAdvertising();
    }
});
bleno.on('advertisingStart', function(error){
    if (!error) {
        console.log('start advertising...');
        bleno.setServices([primaryService]);
    } else {
        console.error(error);
    }
});

内容は、BatteryService/BatteryLevelのみの佗しい感じで。

サンプルの実行

デバイスいじるのでsudoで実行

$ sudo node index.js 
stateChange: poweredOn
start advertising...

iOSのLightBlueで見るとこんな感じ。
IMG_9034.PNG

AndroidのB-BLEだとこう。
Screenshot_20160503-184829.png

概ね良好そう。

結果

  • node.jsのバージョンで最初ハマったけど、それ以外は概ね何もしなくても動いた。
  • アドバタイズの停止やリブートなども試したが、iOS/Androidに通知されるPeripheralのMACアドレス(or UDID)はちゃんと固定になっている(当たり前だが)
  • NEXUS9やNEXUS Playerで実装した時はAndroid -> Androidの接続が異常に遅かったが、そういうのは無く、iOSと同程度の速さでConnectできた。
  • Androidで実装した時と違ってとにかく全体的に早い。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
61
Help us understand the problem. What are the problem?