Help us understand the problem. What is going on with this article?

IoT@Loft #5 - クラウドとロボティクス、オープンソース活用による次世代ロボットの可能性 を受講したよ!(2019年11月13日実施)

IoT@Loft #5- クラウドとロボティクス、オープンソース活用による次世代ロボットの可能性を受講したよ

一番の収穫は、ASIMOを作っていた本田技研が今も新しいものを作ろうとしていることだよ。

ソニーロボティクスシステムとROS/ROS2の活用

ソニー株式会社 ソフトウェアエンジニア

藤田 智哉 氏

Aiboの中にRosが動いている
目などはリアルタイム性が必要なのでLinuxのDeamonで動いているらしい
Githubで公開されていてRosKineticやRosMedricでコンパイルすればすぐ使える
資料
https://roscon.ros.org/2018/presentations/ROSCon2018_Aibo.pdf

ROSCONの資料
https://roscon.ros.org/jp/2018/presentations/ROSCon_JP_2018_presentation_12b.pdf

IMG_0830.JPG

Honda RaaS Platform - クラウドとロボティクスの融合 “Robotics as a Service” -

株式会社本田技術研究所 研究員

東 治臣 氏

ホンダ人が中心にしてロボットと協調する社会
HondaRaas PlatformロボットにSimを刺してIoT化し拡張していく

Asimoでお茶出しサービスを行っていたそうで見たかったですね。
IMG_0832.jpg
IMG_0835.jpg

AWS RoboMakerと連携するクラウド経由の遠隔制御の取り組み

株式会社アプトポッド ソフトウェアエンジニア

酒井 智哉 氏

アプトポッド ソフトウェアエンジニアGazeboがうまく動かないということでRoboMakerのデモ
TurtleBotでの実働など

IMG_0836.jpg
IMG_0837.jpg

AWS と ROS - AWS RoboMaker の紹介

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS RoboMaker シニアソリューションアーキテクト

河田 卓志

またハンズオンやります
https://awsrobomaker2019dec.splashthat.com/
IMG_0838.jpg

IoT@Loft ハンズオン#2

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 プロトタイプ ソリューションアーキテクト

飯田 起弘

AmazonFreeRTOSを用いた量産向けIoTマイコンデバイス開発プロトタイピングを実施

STM32を使ったハンズオンを実施です。
これは行くしかないですね。
IMG_0839.jpg

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away