Homebrew のインストール先を変更する

  • 63
    いいね
  • 6
    コメント

Homebrew のインストール先は、デフォルトでは /usr/local になっています。
インストール先を /opt/homebrew にするには、以下のようにします。

Homebrew 本体のインストール

まず、あらかじめ /opt/homebrew ディレクトリを作成しておきます。

cd /opt
sudo mkdir homebrew
sudo chown ${USER}:staff homebrew

通常のインストールスクリプトを実行する代わりに、以下を実行します。このコマンドは、Homebrew ドキュメントの Alternative Installs に書かれているものです。

curl -L https://github.com/Homebrew/homebrew/tarball/master | tar xz --strip 1 -C homebrew

インストールそのものはこれだけです。あとは実行パスの設定さえしてしまえば brew コマンドが使えます。

実行パスの設定

/usr/local/bin と違ってデフォルトで実行パスが通っていないので、以下のどれかで設定します。

  • /etc/paths/opt/homebrew/bin を追加。
  • /etc/paths.d/homebrew というファイルを作って /opt/homebrew/bin と記述。(ただし、/etc/paths.d/*/etc/paths よりも後にパスが追加される点に注意)
  • ~/.zshrc~/.bashrcPATH 環境変数を設定。

インストール先を取得するには

brew --prefix がインストール先を返してくれます。

キャッシュパスの設定

キャッシュの参照先が /usr/local/Library/Caches になってしまうようなので、パスを変更します。

~/.zshrc~/.bashrc で以下を設定します。

export HOMEBREW_CACHE=/opt/homebrew/cache

この内容は、コメントでご指摘いただいたものです。ありがとうございます。

補足:なぜインストール先を変更するのか

Homebrew は /usr/local にインストールすることを推奨しています。

しかし、/usr/local はそもそもホスト管理者に与えられた場所で、自前でビルドしたものやローカルで用意したツールなどを置く場所です。パッケージマネージャに入ってきてほしい場所ではありません。

/usr/local を本来の意味で使いたいため、Homebrew は /opt にインストールすることにしました。

補足:インストール先を変更するデメリット

Homebrew は brew install 時にビルド済みバイナリがあるものはバイナリをインストールしてくれるようになっています。

しかし、インストール先を変更していると、多くの場合にビルド済みバイナリがそのままでは使えず、ソースからインストールすることになります。このため、brew install の動作が遅くなります。