Help us understand the problem. What is going on with this article?

Markdown コードブロック中にバッククオート3つを表示したい

More than 3 years have passed since last update.

経緯

マークダウンの説明を Qiita に投稿したく、コードブロック中にバッククオートを3つ表示させたかったのですが、少し手間取ってしまいました。

普段コードブロックを記載する場合はバッククオート3つで慣れているのですが、これではコードブロック中にバッククオート3つ ``` を挿入することができません。

```
``` <- これと、
Hello, world
``` <- これを表示したい
```

インライン中のバッククオートは n+1のバッククオートで囲めばよい と、すぐに検索にもかかるのですが、コードブロック中のバッククオート3つはどのように記載すればよいのでしょうか。
参考: Markdown記法 チートシート - Qiita > Code - コードの挿入

結果

そこでMarkdownの原文『Daring Fireball: Markdown Syntax Documentation』のCODE BLOCKSの項目を確認すると、コードブロックは それぞれの行を少なくとも4つのスペースか1つのタブでインデントしてね と記載されています。

To produce a code block in Markdown, simply indent every line of the block by at least 4 spaces or 1 tab. For example, given this input:

そこで、以下のように先頭に4つのスペースを挿入すると、コードブロック中にバッククオート3つを挿入することができました。

    ```
    Hello, world
    ```

おわりに

先ほど紹介したMarkdownの原文では、CODE BLOCKSの項目に

Markdown wraps a code block in both <pre> and <code> tags.

ともありました。
これは、

    ```
    Hello, world
    ```

と入力すると、

<pre><code>Hello, world</code></pre>

のようにマークアップされるのが適切な処理です。

マークアップされたHTMLを Qiita / esa.io / DocBase / GitHub で確認してみると、Qiita だけ <code> で囲まれずに

<pre>Hello, world</pre>

となっていましたが、何か意図があるのでしょうか。
Qiita だけ tab キーがインデントではなく、focus 移動なのも少々使いづらいですね。

こちらからは以上です。

usagizmo
Web Developper / Next.js / TypeScript / HHKB / Expert Mouse / Orbital 2
https://usagizmo.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした