Qiita
GitHub
Markdown
esa.io
DocBase

Markdown コードブロック中にバッククオート3つを表示したい

More than 1 year has passed since last update.

経緯

マークダウンの説明を Qiita に投稿したく、コードブロック中にバッククオートを3つ表示させたかったのですが、少し手間取ってしまいました。

普段コードブロックを記載する場合はバッククオート3つで慣れているのですが、これではコードブロック中にバッククオート3つ ``` を挿入することができません。

```
``` <- これと、
Hello, world
``` <- これを表示したい
```

インライン中のバッククオートは n+1のバッククオートで囲めばよい と、すぐに検索にもかかるのですが、コードブロック中のバッククオート3つはどのように記載すればよいのでしょうか。
参考: Markdown記法 チートシート - Qiita > Code - コードの挿入

結果

そこでMarkdownの原文『Daring Fireball: Markdown Syntax Documentation』のCODE BLOCKSの項目を確認すると、コードブロックは それぞれの行を少なくとも4つのスペースか1つのタブでインデントしてね と記載されています。

To produce a code block in Markdown, simply indent every line of the block by at least 4 spaces or 1 tab. For example, given this input:

そこで、以下のように先頭に4つのスペースを挿入すると、コードブロック中にバッククオート3つを挿入することができました。

    ```
    Hello, world
    ```

おわりに

先ほど紹介したMarkdownの原文では、CODE BLOCKSの項目に

Markdown wraps a code block in both <pre> and <code> tags.

ともありました。
これは、

    ```
    Hello, world
    ```

と入力すると、

<pre><code>Hello, world</code></pre>

のようにマークアップされるのが適切な処理です。

マークアップされたHTMLを Qiita / esa.io / DocBase / GitHub で確認してみると、Qiita だけ <code> で囲まれずに

<pre>Hello, world</pre>

となっていましたが、何か意図があるのでしょうか。
Qiita だけ tab キーがインデントではなく、focus 移動なのも少々使いづらいですね。

こちらからは以上です。