AWS
RDS
zabbix

ZabbixからRDSを監視する

ZabbixからAWS RDSを監視する設定です

ODBCのインストール

RDSに接続するためODBCをインストール

$yum install unixODBC unixODBC-devel
$yum install mysql-connector-odbc

設定

上記でインストールすると/etc/odbc.iniファイルが生成されるので下記のように監視対象のRDSの情報を書きます

/etc/odbc.ini
[mydatabase]
Description = MySQL Database
Driver    = MySQL
Database   = hogehoge-db
Server    = hogehoge-db.fugafuga.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com
Port     = 3306
User     = root
Password   = XXXXXXXXXXX

確認

以下のコマンドでRDSとの疎通確認ができます

$isql mydatabase

+---------------------------------------+
| Connected!                            |
|                                       |
| sql-statement                         |
| help [tablename]                      |
| quit                                  |
|                                       |
+---------------------------------------+
SQL> quit

エラー

下記のエラーが出た場合は書式がおかしいので再度設定を見直しましょう

[IM002][unixODBC][Driver Manager]Data source name not found, and no default driver specified
[ISQL]ERROR: Could not SQLConnect

参考リンク

Zabbix Documentation 2.2

ZabbixServerからAWSのRDS(Mysql)を監視するためにODBC接続設定をCentOS7+Zabbix3.0でやってみた。