Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ergodox(qmk firmware)の同時押し/レイヤー切替の設定メモ

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

qmk firmwareのドキュメントのAdvanced Keycodesで紹介されている設定周りのメモです。
自分で使用しているものだけ記載しています。気が向いたら他も追加していきます。

※執筆時のqmk firmwareのバージョンは0.6.172です。

前提

Tap=短押し
Hold=長押し
SFT_T(KC_A)=Tap時にa、Hold時にShift。Mod Tap keyと呼ばれる。
LT(layer1, KC_A)=Tap時にa、Hold時にlayer1に切替

SFT_TLTなどについてはErgoDoxのキーマップをいじる時に見るチートシートがわかりやすいです。

TAPPING_TERM

TapからHoldに切り替わるまでの押下時間(ms)。
デフォルト値は200。

RETRO_TAPPING

TAPPING_TERMを経過しても、他のキーを押していなければTapとして扱われるようになる。
TAPPING_TERMが短くてTapのつもりがHold扱いになってしまう場合の対策になるが、好み次第。
https://docs.qmk.fm/#/feature_advanced_keycodes?id=retro-tapping

SFT_T(KC_A) Down
# TAPPING_TERM経過...
SFT_T(KC_A) Up

=> 何も入力されない # RETRO_TAPPING無効
=> aが入力される   # RETRO_TAPPING有効

PERMISSIVE_HOLD

TAPPING_TERM経過前に他のキーを押すと、Holdとして扱われるようになる。
キーの同時押しが速いひとにおすすめ。
https://docs.qmk.fm/#/feature_advanced_keycodes?id=permissive-hold

SFT_T(KC_A) Down
# TAPPING_TERM経過前に
KC_X Down
KC_X Up
SFT_T(KC_A) Up

=> axが入力される # PERMISSIVE_HOLD無効
=> Xが入力される  # PERMISSIVE_HOLD有効

TAPPING_TERMを500以上に設定していると、自動的に有効になる。

TAPPING_FORCE_HOLD

Mod Tap keyをTap後にすぐにHoldしたときに、Holdとして扱われるようになる。
https://docs.qmk.fm/#/feature_advanced_keycodes?id=tapping-force-hold

SFT_T(KC_A) Down
SFT_T(KC_A) Up   # => aが入力される
SFT_T(KC_A) Down
# TAPPING_TERM経過...
KC_X Down
KC_X UP
SFT_T(KC_A) Up

=> aaaaaaaaa...xが入力される(aの連続はキーリピートによるもの) # TAPPING_FORCE_HOLD無効
=> Xが入力される  # TAPPING_FORCE_HOLD有効

IGNORE_MOD_TAP_INTERRUPT

Mod Tap keyと通常キーを連続して高速に押したとき、両方のキーをTapとして扱うようになる。
https://docs.qmk.fm/#/feature_advanced_keycodes?id=ignore-mod-tap-interrupt

SFT_T(KC_A) Down
KC_X Down
SFT_T(KC_A) Up
KC_X Up

=> Xが入力される # IGNORE_MOD_TAP_INTERRUPT無効
=> axが入力される  # IGNORE_MOD_TAP_INTERRUPT有効

※ 有効時でも両方のキーをTAPPING_TERM以上押し続けていると、Holdとして扱われる。
※ モディファイアキーのみに適用される。レイヤーキーには適用されない。

最後に

キーマップやconfigを公開してるので良かったら参考にしてください :smile:
https://github.com/uodna/qmk_firmware/tree/develop/keyboards/iris/keymaps/uodna-osx-ansi

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away