Git

よく使うgitコマンドのエイリアスを設定して開発効率をアップする

More than 1 year has passed since last update.

gitコマンドを打つのがダルかったりtypoしまくるので、よく使うコマンドのエイリアス(ショートカット)を設定して開発速度を若干上げる。

エイリアスの設定

git config [option] alias.短縮形 展開形 でエイリアスを設定する。

例えば以下のような感じ

$ git config --global alias.st status
$ git config --global alias.co checkout
$ git config --global alias.br branch
$ git config --global alias.cm commit
$ git config --global alias.df diff
$ git config --global alias.gr grep

これで git statusgit st でいけたりする。

設定レベル

オプションで設定レベル(適用範囲)を指定できる。

設定オプション 適用範囲 設定レベル
オプションなし リポジトリ固有 3
--global Gitユーザー固有 2
--system マシン全体 1

優先度は、リポジトリ > ユーザー > マシン

gitコマンドも省略する

もはやgitって打つのもダルくね?
$ alias g='git'
これで git statusg st でいける。

オプション含めてもっと短くもできるので好きにカスタマイズしよう。

設定の確認方法

エイリアスなに設定したか忘れたら
$ git config --global --list | grep ^alias\.
で確認しよう。

参考