Help us understand the problem. What is going on with this article?

ESP-WROOM-02 Arduino互換ボードと焦電センサーで動体を検知する

More than 3 years have passed since last update.

スイッチサイエンス製 ESP-WROOM-02 Arduino互換ボード

スイッチサイエンスからESP-WROOM-02 Arduino互換ボードが発売されました。今まではESP-WROOM-02(ESP8266)をArduinoのスケッチを書き込んで使うためには、モジュールをはんだ付けしてブレッドボード上で使用したりと少々使いづらい部分がありました。それをこの互換ボードが解消してくれます :pray:

ESP-WROOM-02 Arduino互換ボード
2620_1.jpg

ESP-WROOM-02 Arduino互換ボードと焦電センサーで動体を検知しよう

ESP-WROOM-02 Arduino互換ボードと焦電センサーを使って、検知範囲で動体(人体)が動いていないか検知して、動いたらLED点灯、動いていなかったらLEDを消灯するしくみを作ります(ネットには接続しません)。細かな設定は記事「ESP-WROOM-02開発ボードをArduino IDEで開発する方法」をご覧ください :eyes:

電子部品リスト

ESP-WROOM-02 Arduino互換ボードと電子工作に必要なもろもろの道具以外に必要な電子部品のリスト。

部品名 個数 価格
焦電センサー 1 480円
LED 1 実質20円
抵抗 180Ω 1 実質1円

配線図

焦電センサーの信号線はIO12へ、LEDはIO14へ接続します。

img04.png

FritzingにESP-WROOM-02 Arduino互換ボードのパーツがないため、Arduino Unoを見た目上使用しています :bow:

スケッチ

// 焦電センサーを接続するピン
const int sensorPin = 12;
// LEDを接続するピン
const int ledPin =  14;

void setup() {
  // デジタル2番ピンを入力用として設定
  pinMode(sensorPin, INPUT);
  // デジタル13番ピンを出力用として設定
  pinMode(ledPin, OUTPUT);
}

void loop() {
  // 焦電センサーの状態を取得
  int sensorState = digitalRead(sensorPin);

  // 動きを検知したら
  if (sensorState == HIGH) {
    // LEDを接続しているピンをHIGH状態に変更(点灯)
    digitalWrite(ledPin, HIGH);
  }
  // 動きがないなら
  else {
    // LEDを接続しているピンをLOW状態に変更(消灯)
    digitalWrite(ledPin, LOW);
  }
}
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした