photoshop

Photoshopで3DのOBJファイルからMTLファイルを作成する方法

More than 1 year has passed since last update.

パブリックドメインで公開されている3Dモデル「Spot」を、とあるJavaScriptライブラリから読み込もうとすると、OBJファイルとテクスチャ画像の他にMTLファイルが必要になりました。しかしSpotのZIPファイルの中にはMTLファイルが含まれておらず。。試行錯誤の末、Photoshopで無事作成できたので備忘録として残しておきます。
※3Dは初心者なため、もっと手軽に作成できる方法がありましたら教えてください :sweat_smile:

spot

▲Spot

1. PhotoshopからOBJファイルを読み込む

Photoshopを起動して、SpotのOBJファイルをドラッグ&ドロップで読み込みます。

PhotoshopからOBJファイルを読み込む

2. MTLファイルの作成

レイヤーパネルのOBJファイルのレイヤー(レイヤー1)を右クリックして、「3Dレイヤーを書き出し」を選択します。

3Dレイヤーを書き出しを選択

すると書き出す形式の設定ウィンドウが表示されるので、「3Dファイル形式」を[Wavefront|OBJ]に設定し「OK」ボタンをクリックして書き出します。

プロパティを書き出し

OBJファイルとMTLファイルが書き出されました。

スクリーンショット 2016-09-27 11.06.04.png

3. MTLファイルを編集

MTLファイルをテキストエディターで開き、テクスチャ画像のファイル名部分を編集します。これでMTLファイルの作成が完了です。

編集前

newmtl __PS_3D_Default
Ka 0.000000 0.000000 0.000000
Kd 0.803922 0.803922 0.803922
Ks 0.200000 0.200000 0.200000
Ns 6.062867
d 1.000000
Tr 0.000000
map_Kd __PS_3D_Default - 初期テクスチャ.PNG 

編集後

newmtl __PS_3D_Default
Ka 0.000000 0.000000 0.000000
Kd 0.803922 0.803922 0.803922
Ks 0.200000 0.200000 0.200000
Ns 6.062867
d 1.000000
Tr 0.000000
map_Kd model.png 

最後に

いつも3D系の実験をするときは、ネット上にあるありがた3Dモデルを使わせていただくのですが、ちゃんと理解して自分でも作れるようにならないとなと感じました。

もっと勉強しないと