LoginSignup
14
12

More than 5 years have passed since last update.

FFmpegを使って動画をWebMへ変換する手順

Posted at

MP4より圧出画質の良いWebMをFFmpegで変換する手順をまとめました。

動作環境

  • macOS 10.13.1
    • Homebrewがインストール済み

登場人物

  • WebM
  • FFmpeg(version 3.4:2017/11/17現在)

WebM

WebM(ウェブエム)は、Googleが開発しているオープンでロイヤリティフリーな動画のコンテナフォーマット。
引用「WebM - Wikipedia

WebMはMP4とくらべて画質が優れているため、MP4と同等の画質をWebMへ変換するとファイルサイズが小さくなります(参考記事「WebM(VP9)とMP4(H.264)の違い」)。データの転送量にシビアな時代なので、動画を扱うコンテンツではWebMを採用するケースが増えてきています。

FFmpeg

FFmpegは、動画の圧縮などで使うツールです。コマンドライン(黒い画面)で実行します。

作業手順

1. FFmpegのインストール

brew install ffmpeg --with-libvpx

2. 動画ファイルがあるディレクトリへ移動

cd ディレクトリのファイルパス

3. 変換コマンド実行

ffmpeg -i input.mov -strict -2 output.webm

変換元となるinput.movoutput.webmへ変換するコマンドです。パラメーターも細かく設定できるのですが、理解がふわふわなため詳細はカットします:bow_tone1:

変換後の比較

  • 変換元ファイル:input.mov(音声あり)
    • ファイル形式:MOV
    • 解像度:853x480
    • 容量:249.2MB

input.jpg

▲変換元動画(MOV)

  • 変換後ファイル:output.webm
    • ファイル形式:WebM
    • 解像度:853x480
    • 容量:41.6MB

output.jpg

▲変換後動画(WebM)

検証に使用した動画

参考記事

14
12
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
14
12