LoginSignup
2

More than 3 years have passed since last update.

Intel(R) Dynamic Power Performance Management の「手動アンインストール作業」

Posted at

概要

Let's note CF-NX1 をP2VしたVM(Windows 7)のWindows 10へのアップグレード時に必要となった Intel(R) Dynamic Power Performance Management 手動アンインストール作業について

本文

ある Windows 7 が動いているVMをWindows 10へアップグレードしようとした際、下記のようにIntel(R) Dynamic Power Performance Managementのアンインストールを求められた。
msg1.png

「Intel(R) Dynamic Power Performance Management」このアプリは Windows 10と互換性がないため、今すくアンインストールしてください。」

調べたところ、どうやら以前 Let's note CF-NX1 をP2VしたVMだったみたいです。

対処方法をいろいろ調べましたが、下記の状況でした。

  • コントロールパネルに "Intel(R) Dynamic Power Performance Management" は存在しない
  • コントロールパネルに "Intel(R) Dynamic Power Platform and Thermal Framework" は存在しない
  • フォルダ "C:\util\" "C:\util2\" "C:\util3\" は存在しない
  • ファイル "DppmCleaner.bat" "LPOSetting.js" "DptfInvalidPolicyRemover.exe" は存在しない
  • パナソニックのサイトから etm_6071084.exe をダウンロードしてもインストールできない

さて、困った・・・

数日後、P2V 前と思われる Let's note を発見!
いろいろ試したところ、"Intel(R) Dynamic Power Performance Management"がある状況で、"Intel(R) Dynamic Power Platform and Thermal Framework"(etm_6071084.exe)をインストールした時のセットアップ進行状況で、削除を行っている作業がわかった。
msg2.png

これより、以下の作業を行った。

Intel(R) Dynamic Power Performance Management 手動アンインストール作業

管理者として実行したコマンドプロンプトで

  • サービス EtmService 削除
    • sc.exe stop EtmService
    • sc.exe delete EtmService
  • ファイル削除
    • del C:\windows\system32\drivers\EtmDevDram.sys
    • del C:\windows\system32\drivers\EtmDevFan.sys
    • del C:\windows\system32\drivers\EtmDevGen.sys
    • del C:\windows\system32\drivers\EtmDevPch.sys
    • del C:\windows\system32\drivers\EtmDevProc.sys
    • del C:\windows\system32\drivers\EtmDrvMgr.sys
    • del C:\windows\SysWow64\EtmService.exe
  • レジストリキー削除
    • regedit でキー「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\IIF2Installer」を削除

上記作業後、再度Windows10のsetupを行ったところ、Intel(R) Dynamic Power Performance Managementのアンインストールは求められず、Windows10にアップグレードインストールに進めました。
msg3.png

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
2