Posted at

リモートサーバ上の開発環境でFTPを使わずにSublimeTextで開発する(win版)

More than 1 year has passed since last update.

弊社ではaws上にそれぞれ個人の開発環境をvagrantで構築しています。

vimを使ってる方もいますが、個人的には使い慣れたSublimeTextを使いたい!

ということで下記の方法で実現しました。


1.sambaをサーバ上にインストール

$ yum install samba

ユーザを作ります

$ pdbedit -a -t -u user

smb.confの設定をします

変更前にバックアップを取っておいたほうがいいかも

$ vim /etc/samba/smb.conf

[global]
workgroup = MYGROUP
server string = Samba Server Version %v
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
display charset = UTF-8
unix extensions = no
wide links = yes
follow symlinks = yes

log file = /var/log/samba/log.%m
max log size = 50

security = user
passdb backend = tdbsam

load printers = yes
cups options = raw

[homes]
comment = Home Directories
browseable = no
writable = yes
path = %H
create mask = 644
directory mask = 755

[printers]
comment = All Printers
path = /var/spool/samba
browseable = no
guest ok = no
writable = no
printable = yes

SambaとNMBの起動

$ service smb start

$ service nmb start


2.ポートフォワーディング設定

SSHクライアントでサーバに接続し、ポートフォワードの設定をします。

私が使ってるRLoginだとこのような画面になります。

portfored.png


3.Loopback Adapterの設定

Microsoft Loopback Adapter をインストールする方法はこちらからー

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/236869

インストールしたら、

・コントロールパネルの「ネットワークの状態とタスクの表示」を開きます

・左にある「アダプターの設定の変更」をクリック

・Microsoft Loopback Adapterをダブルクリック

・「プロパティ」ボタンを押します

設定は下記のようにします。

Loopback.png

詳細設定のDNSとWINSのタブは下記のように。

dns.png

wins.png


4.Sambaに接続

エクスプローラで\169.254.0.1で接続すると

ユーザ認証画面が開いて接続できます。

これでSublimeでディレクトリごと開いてプロジェクト化することで、

開発環境が整いました。


参考

http://taropohci.blogspot.jp/2014/03/windowsvagrantsamba.html

http://masa-cbl.hatenadiary.jp/entry/20121013/1350123747