Help us understand the problem. What is going on with this article?

Googleスプレッドシートの増分データをPOWERBIに反映させる方法

普段Googleスプレッドシートは使っていないけれど、今回試す機会があったので後学のために残しておく。

1.やりたいこと

Gスプレッドシートのデータが増えた場合、PowerBIでいかに増加分を反映させるか。

行として縦持ちのデータが増えるなら簡単だけど
シートが増えたりファイルが増えた場合どうするのか?

POWERBI(PowerQuery)はファイル(バイナリ)の種類とレイアウトが同じであれば、
指定したフォルダ内のデータを簡単に結合できるが(超便利!)
GoogleスプレッドシートはそもそもOnlineデータなのでどうすればいいのか?
やってみる。

2.Googleスプレッドシートに接続する方法

Googleスプレッドシートのこんなデータを取り込んでみる
image.png

①Googleスプレッドシートの共有ボタンからリンクを取得

image.png

②クエリエディターの新しいソースからwebを選択しURLを貼り付け

注意!最後部分を修正する必要あり /export?format=xlsx (エクセルフォーマットで出力する)
image.png

③あとはお好みで列削除したり、集計したり。。。

3.増分データが別シートで増えた場合

googleスプレッドシートでシートが増えると
image.png

POWERBIのクエリはこう見える
image.png

ここでDataのtableを直接クリックするとそのシートだけが対象となるが

展開ボタンをクリックするとこんな感じ
image.png
列名は1シート目の列が表示される仕様らしい(2シート目に列を増やしても変わらなかった)

image.png
OKをクリックするとこんな感じ
増えたシートがしっかり展開されている

4.増分データが別ファイルになった場合、結合はできるのか?

csvやexcelファイルのよろしく結合のようにフォルダが指定できればいけるかと
googleドライブのフォルダを指定してみたがうまくいかず。
時間切れ

5.まとめと課題

・POWERBIからGoogleスプレッドシートのデータを参照するは意外と簡単
 ポイントは/export?format=xlsx
・今回の複数シートの結合はエクセルファイルでも使えることにいまさらながら気づいたイ^^;
・POWERBIからのGoogleスプレッドシートへはリンク参照のみしかうまく接続できず。
 IDPWの認証はうまくいかないとの情報もあり。ビジネスユースでは心配。

https://www.youtube.com/watch?v=QhsrXOsi59A&t=104s

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away