Help us understand the problem. What is going on with this article?

PlayFabでUnityを動かしてみる -その1下準備編-

More than 1 year has passed since last update.

公式ドキュメントをもとにPlayFabを動かしてみたいと思います

(1)利用言語を選択する→Unity

PlayFabは主要なゲームエンジンや言語に対応しています

・Unity
・HTML5 (Javascript)
・Flash (ActionScript3)
・C#
・Cocos2d-x
・Xamarin
・Node
・Java
・Defold (Lua)
・Corona (Lua)
・Windows - C++
・Linux - C++

なので今回は「Unity」で試してみたいと思います

(2)UnityをDownloadする

Unity3Dをダウンロードする
https://store.unity.com/download
直近のバージョンはサポートされているそうですが、5.3以上が推奨とのこと
(2018年11月現在 最新はUnity 2018.2.15f1)

Unity01.png

ダウンロードしたファイルをクリックしてインストールする
Unity02.png

インストール完了したら新しいプロジェクトを作成する 
Unity03.png

必要事項を入れて「Create Project」をクリック
Unity04.png

というわけでUnity側の準備完了
Unity05.png

(3)PlayFabSDKをDownloadする

PlayFabのUnitySDK拡張をインストールします
https://github.com/PlayFab/UnityEditorExtensions/raw/master/Packages/PlayFabEditorExtensions.unitypackage

Unity06.png

「Import」をクリックし拡張機能をインポートする
Unity07.png

拡張機能が利用できることを確認
アカウントを持っていれば「login」をクリック(わかりにくい)、
持っていなければ新規作成のため「CREATE AN ACCOUNT」をクリック
Unity08.png

ログイン後、SDKが入っていないと言われるので「Install PlayFab SDK」をクリック
Unity09.png

インストール完了
Unity10.png

(4)タイトルセッティング

PlayFabの拡張をインストールしたので設定を行う
「SETTINGS」を押す

Playfab01.png

STUDIOを選択するとそれ以外の設定も自動的に変更される
マニュアルは「SAVE」ボタンが出るようですがでてこない・・・?
Playfab02.png

一旦設定は完了
いよいよAPIの設定に入りたいと思います

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした