Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ectoで後からwhereの条件式を追加する場合の書き方

More than 3 years have passed since last update.

状況

PhoenixFrameworkのmodelを書いている時に、引数があるときだけupdated_atの指定時間より新しいレコードを取得したかった。しかし、あとからwhere句を追加する方法が情報として少なかったのでメモとして残す。

環境

Elixir 1.3.0
Ecto 1.1.8

解決方法

from/2にqueryを入れた変数を直接渡す。

サンプル

仮で下記modelがあると想定する。(PhoenixFrameworkを利用した場合のmodel)

defmodule App.Post do  
  use App.Web, :model

  schema "posts" do
    field :title, :string
    field :body, :string
    field :published, :boolean
    field :deleted, :boolean
    field :published_at, :datetime

    timestamps
  end
end

引数がtrueだった場合に、from p in base_queryの箇所で元のqueryにwhere句の条件を動的に追加している。

def all(published \\ false) do
  base_query = from p in App.Post, 
               where: p.deleted == false

  query = if published do
    from p in base_query, 
    where: p.published == true
  else
    base_query
  end

  query
  |> App.Repo.all()
end

まとめ

ここまで書いた後でQiitaを見ていたらこちらにしっかりとした情報が載っていた・・・もっと色々なクエリのサンプルが見たい方は参考までに。
とある事情でEcto 2.0が利用できない環境なので、今後はEcto 2.0もキャッチアップしてEctoの理解をもっと進めたい。

ukoasis
pieceofcake
cakes(ケイクス)とnote(ノート)を運営しています
https://note.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away