Help us understand the problem. What is going on with this article?

【ownCloud】AWSに専用オンラインストレージ構築

More than 5 years have passed since last update.

ownCloudとは

  • PHPベースのオープンソースプロダクト
  • Dropboxのようなオンラインストレージを自前の環境に構築可能
  • ブラウザの他、専用のWindows、Linux、Mac、Android、iPhone用クライアントから接続可能
  • アドオン機構があるため、独自アプリを実装することが可能
  • [リンク]

AWS MarketPlaceから構築

AWS MarketPlaceに無料のAMIが公開されているので、わずか3ステップの一番お手軽な方法で構築する。

1. AWS Marketplaceへのアクセス

 1. AWS Marketplace にアクセスします。
 2. 「Continue」をクリックします。
 3. 自身のAWSアカウントでログインします。

2. ownCloud powered by owncloud.jp の起動

  1. 以下の画面でVersion、Region、EC2 Instance Type、VPN Settings、Security Group、Key Pairに任意の値を設定します。(Security GroupにはhttpとsshのInboundアクセスが必要です。)
  2. 「Accept Terms & Launch with 1-Click」をクリックします。 AWS Marketplace
  3. 以下のダイアログが表示されたら、2-3分後にダイアログを閉じ、Your Software Subscriptions画面の当該インスタンスがactiveになっていることを確認します。 AWS Marketplace3

3.ownCloudへアクセス

  1. 以下の画面で「Access Software」をクリックしてください。
    AWS Marketplace4

  2. 手順は以上です。adminユーザでログイン後のownCloudのトップ画面が表示されます。
    skitch.10.png

  • この時点でadminユーザのパスワードが設定されています。再度ログインするためにパスワードを以下の方法で確認しておいてください。(ユーザ管理から新しい管理者ユーザを作成することで以下の作業は不要です。)

    1.EC2ダッシュボードのインスタンス画面から対象のインスタンスを[右クリック]->[Instance Settings]->[Get System Log]を選択します。
    skitch.55.png

    2.ログウィンドウに表示される[owncloud admin password]の内容が初期パスワードです。
    skitch.54.png

最後に

  • 順次ownCloudとAWSに関する記事を投稿していきます。
  • 独自アプリのコードも公開予定です。

更新履歴

  • 2015/01/27 v7.0.3 からデプロイ後、adminパスワードが自動付与されるようになったので、adminパスワードの確認方法を追記しました。
ukitiyan
ここでの記載内容は個人の見解であり、所属する団体の公式見解ではありません。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした