Edited at

AndroidのORマッパー「Orma」のセットアップ方法(Kotlin)


「Orma」とは?

SQLite用のORマッパーです。

SQLiteの操作を簡単に行えるようになります。

2019/10/03現在では、「Room」という公式のSQLite用ORマッパーが存在するため、Ormaを新規プロジェクトで採用することは減ったかもしれません。

しかし、Web上に記事が多いことなどの理由で、Ormaを使うこともあると思います。


環境


  • OS:macOS Mojave 10.14.3

  • Android Studio:3.5

  • JRE:1.8.0_202-release-1483-b49-5587405 x86_64

  • JVM:OpenJDK 64-Bit Server VM by JetBrains s.r.o

  • Kotlin:1.3.50

  • Android Gradle Plugin:3.5.0

  • Orma:6.0.2

  • RxJava:2.2.12


セットアップ

appフォルダ配下の「build.gradle」にOrmaとRxJavaの依存関係を追加するのみです。


/app/build.gradle

dependencies {

ext {
+       orma_version = '6.0.2'
+       rxjava_version = '2.2.12'
}

+   // Orma
+   kapt "com.github.maskarade.android.orma:orma-processor:$orma_version"
+   implementation "com.github.maskarade.android.orma:orma:$orma_version"
+   // RxJava
+   implementation "io.reactivex.rxjava2:rxjava:$rxjava_version"
}

Javaの場合、 kapt の代わりに annotationProcessor を使用してください。

OrmaはRxJavaを使っているため、RxJavaを記述しないと、 CompletableSingle などのシンボルを見つけられませんのビルドエラーが発生します。


おわりに

これでOrmaを使ってSQLiteを操作することができるようになります!


参考リンク