Edited at

MacにPostgreSQL9.6.3をインストールしてみた

More than 1 year has passed since last update.


環境


  • OS:macOS Sierra 10.12.3

  • Homebrew:1.2.0 Homebrew/homebrew-core (git revision 5045; last commit 2017-05-11)

  • PostgreSQL:9.6.3


インストール


PostgreSQLのインストール

Homebrewを使えば一発でインストールできます。

Homebrewを最新にしてからPostgreSQLをインストールします。

$ brew update


$ brew install postgresql
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/postgresql-9.6.3.sierra.bot
######################################################################## 100.0%
==> Pouring postgresql-9.6.3.sierra.bottle.tar.gz
==> Using the sandbox
==> /usr/local/Cellar/postgresql/9.6.3/bin/initdb /usr/local/var/postgres
==> Caveats
If builds of PostgreSQL 9 are failing and you have version 8.x installed,
you may need to remove the previous version first. See:
https://github.com/Homebrew/legacy-homebrew/issues/2510

To migrate existing data from a previous major version (pre-9.0) of PostgreSQL, see:
https://www.postgresql.org/docs/9.6/static/upgrading.html

To migrate existing data from a previous minor version (9.0-9.5) of PostgreSQL, see:
https://www.postgresql.org/docs/9.6/static/pgupgrade.html

You will need your previous PostgreSQL installation from brew to perform `pg_upgrade`.
Do not run `brew cleanup postgresql` until you have performed the migration.

To have launchd start postgresql now and restart at login:
brew services start postgresql
Or, if you don't want/need a background service you can just run:
pg_ctl -D /usr/local/var/postgres start
==> Summary
🍺 /usr/local/Cellar/postgresql/9.6.3: 3,259 files, 36.6MB

エラーが出力されているように見えるのですが、Google翻訳で確認したところ、ただの警告でした。

すでにPostgreSQLがインストールされている場合の注意点と、PostgreSQLの起動方法が出力されています。


バージョンの確認

インストールできたかどうか、バージョンを確認してみます。

$ psql --version

psql (PostgreSQL) 9.6.3

9.6.3 と表示されているため、インストールに成功しています。


初期化

-E オプションで文字コードにUTF-8を指定してDBを初期化します。

初期化時にデータベースクラスタというDBの集合体を作成します。

$ initdb /usr/local/var/postgres/ -E utf8

The files belonging to this database system will be owned by user "{ユーザー名}".
This user must also own the server process.

The database cluster will be initialized with locale "ja_JP.UTF-8".
initdb: could not find suitable text search configuration for locale "ja_JP.UTF-8"
The default text search configuration will be set to "simple".

Data page checksums are disabled.

initdb: directory "/usr/local/var/postgres" exists but is not empty
If you want to create a new database system, either remove or empty
the directory "/usr/local/var/postgres" or run initdb
with an argument other than "/usr/local/var/postgres".

こちらもエラーに見えるのですが、問題ないはずです。


操作方法


サービスの起動

インストール時に言われた通り、 brew services start postgresql で起動します。

$ brew services start postgresql

==> Tapping homebrew/services
Cloning into '/usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-services'...
remote: Counting objects: 10, done.
remote: Compressing objects: 100% (7/7), done.
remote: Total 10 (delta 0), reused 5 (delta 0), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (10/10), done.
Tapped 0 formulae (37 files, 51KB)
==> Successfully started `postgresql` (label: homebrew.mxcl.postgresql)

私の環境ではキーチェーンの確認が2回ほどありましたので、両方とも「許可」を選択しました。


DB一覧の取得

psql -l でDBの一覧を取得します。

$ psql -l

List of databases
Name | Owner | Encoding | Collate | Ctype | Access privileges
-----------+--------------+----------+-------------+-------------+-------------------------------
postgres | {user name} | UTF8 | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8 |
template0 | {user name} | UTF8 | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8 | =c/{user name} +
| | | | | {user name}=CTc/{user name}
template1 | {user name} | UTF8 | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8 | =c/{user name} +
| | | | | {user name}=CTc/{user name}
(3 rows)

初期化直後のデータベースクラスタには3つのDBが存在します。


DBの作成

createdb {DB名} でDBを新規作成します。ここでは「test」という名前のDBを作成します。

$ createdb test


DBへの接続

psql {DB名} でDBへ接続します。接続することでSQLの発行が行えます。

$ psql test

psql (9.6.3)
Type "help" for help.

test=#

ここでは省略しませんでしたが、ユーザー名とDB名が同一の場合にはDB名を省略できます。


テーブルの作成

CREATE TABLE でテーブルを作成します。ここでは「test_table」という名前のテーブルを作成します。

test=# create table test_table (

test(# id integer not null,
test(# name varchar(20),
test(# primary key(id)
test(# )
test(# ;
CREATE TABLE


基本コマンド

PostgreSQLでは \ から始まる便利なコマンドがいろいろ用意されています。

コマンド
説明

\l
DB一覧取得

\d
テーブル一覧取得

\d {テーブル名}
対象テーブルのフィールド一覧取得

\i {SQLファイルパス}
SQLファイル実行

\q
DB切断


DB一覧の取得

psql -l と同様なので説明を省略します。


テーブル一覧の取得

\d でテーブル一覧を取得します。

test=# \d

List of relations
Schema | Name | Type | Owner
--------+------------+-------+--------------
public | test_table | table | {user name}
(1 row)


フィールド一覧の取得

\d {テーブル名} で対象テーブルのフィールドの一覧を取得します。

test=# \d test_table

Table "public.test_table"
Column | Type | Modifiers
--------+-----------------------+-----------
id | integer | not null
name | character varying(20) |
Indexes:
"test_table_pkey" PRIMARY KEY, btree (id)


SQLファイルの実行

\i {SQLファイルパス} で予め用意したファイルに記述されているSQLをまとめて実行します。


test.sql

insert into test_table (id, name) values (1, 'hoge');

insert into test_table (id, name) values (2, 'huga');

test=# \i ~/Desktop/test.sql

INSERT 0 1
INSERT 0 1
test=# select * from test_table;
id | name
----+------
1 | hoge
2 | huga
(2 rows)


DBの切断

\q でDBを切断します。

test=# \q


サービスの停止

brew services stop postgresql でDBを停止します。

brew services list でサービスの起動状況を取得します。

Status
説明

started
起動中

stopped
停止中

$ brew services list

Name Status User Plist
postgresql started {user name} /Users/{user name}/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.postgresql.plist

$ brew services stop postgresql
Stopping `postgresql`... (might take a while)
==> Successfully stopped `postgresql` (label: homebrew.mxcl.postgresql)

$ brew services list
Name Status User Plist
postgresql stopped


参考リンク