Edited at

【後編】Tellusとオープンデータで子育てしやすい地域を探してみよう(鎌倉市編)


承前半

前半では、ハンズオンの前提、下準備、及びTellusOSへのログインまでを書きました。

さぁ、いよいよTellusOS上で操作を行っていきますよ!

現在、みなさんはこんな画面を見ているはずです。

www.tellusxdp.com3.png


TellusOS上の操作

Tellusには他にもたくさん機能やデータがありますが、ここでは、今回のハンズオンで使う部分のみを扱っていきます。

基本操作については、宙畑を参照していただくのが良いです。

【ゼロからのTellusの使い方】衛星データプラットフォームTellus OSでできることと基本操作

宙畑はTellusのオウンドメディアですが、その他の話題もいっぱいです。

面白記事もあったりするので、是非、見てみてください。


プリセットから植物の分布をチェック

まずは、植物の分布をチェックしてみましょう。

画面右にあるメニューから [プリセット] > [AVNIR-2 Natural Color T:50%/R:100%/G:100%/B:100%]をクリックします。

Tellus_pre.png

そうすると、画面はこんな感じに色がつきます。

Tellus_col0.png

緑の部分が植物の反応があるところ、紫はそれ以外です。

しかし、このままではちょっと変わりにくいですよね。

なので、この色を濃く目立たせてみましょう。

Tellus_col.png

[データ選択] **メニューを開くと光学画像** の下にあるTのつまみを左右させられます。

左(0%)に近付くほど色は薄くなり、右(100%)に近付くほど色が濃くなるので、ここはつまみを右いっぱいにスライドさせてください。

Tellus_col1.png

すると、このように見やすい画面になります。


地図の座標を鎌倉市に移動

さて、次の工程に移る前に一旦、地図の座標を鎌倉市に合わせましょう。

画面左上の🔍マークをクリックすると、入力欄が出てきます。

「鎌倉市」と入力すると候補が上がってくるので、とりあえず[Japan,神奈川県鎌倉市]をクリックしましょう。

Tellus-gotokamakura.png

kamakura.png

鎌倉市、および周辺地域に移りました。


取り込みマップから、鎌倉市の GeoJSON を取り込み。

いよいよ、鎌倉市のオープンデータを取り込んでいきます。

画面右側のメニュー取り込みマップから取り込みアイコンをクリック。

そこから一つずつ、前編でダウンロードしたGeoJSONファイルを選択して取り込みます。

torikomi.png

全部取り込み終わったところで、下記のような状態になればOKです。

Tellus-torikomi.png

ここから、施設が充実した地域を絞り込んでいきます。


取り込んだデータを取捨選択する。

ところが、ピンが多すぎてこのままでは、地域差を出していくのはちょっと大変です。

ハンズオンの時間が終わってしまう! という事で、なくても判定に困らなそうなデータを非表示にしてしまいましょう。

取りこみマップも、インジケーターのつまみを調整する事で各データの情報を透過させたり、左側のチェックボックスで完全に非表示にする事ができます。

shiborikomi.png

色々とみてみると、公園はどの地域にもまんべんなくありそうですね。

park.png

では、Park.geojsonのみ非表示にしてみましょう。

-park.png

これでばらつきが出ました。


画面を分割して、国土地理院のデータと照らし合わせる。

最後に鉄道の情報も照らし合わせましょう。

しかし、すでに画面はけっこうたくさんの情報が出ていて、これ以上何か追加すると見辛くなってしまいそうです。

そこで、画面を左右に分割します。

画面上部にある、画面分割のアイコンをクリックします。

bunkatsu.png

さぁ、これで分割されました。

bunkatsu2.png

今回の鉄道情報は、標準地図(地理院地図)を利用します。

左右に分かれた画面の右側の白地図を一度クリックしてから、[データ選択] > [標準地図(地理院地図)]にチェックを入れます。

chizu.png


地域を特定する

さて、この状態から、子供のための施設が多く、交通機関も近くを通っていて、かつ緑もあるところを探していきます。

すると、

oshiro.png

御成町なんかがよさそうです。


実際はどうなんだろう?

一般に子供を育てやすい地域は、地価が高いといわれています。

関西では西宮市なんかが子育てしやすいという事で人気ですが、人気であるがゆえに地価が高いです。

地価サーチによると国土交通省が平成30年3月27日に発表した地価公示価格から算出したデータでは、鎌倉市内の街で最も土地の価格が高い地域は御成町で、㎡単価が平均61万円との事。

一致しました!

という事で、今回の調査では、御成町 が鎌倉市で一番子育てをしやすい地域と結論したいと思います。

以上、ハンズオンでした。

お疲れ様でした!