Git
コマンド

よく使うコマンド集

通常コマンド

cd パス

その場所に移動(絶対パス、相対パス)
パス:絶対パス 相対パス ../ ホームディレクトリ(起点)

touch ファイル名

空ファイルを作成

cat ファイル

ファイルの内容を確認

ls

今の場所のフォルダを確認

ls -a

隠しファイルも確認

途中まで入力して + tab

サジェスト

mkdir フォルダ名

フォルダを作成

pwd

カレントディレクトリ(作業中のディレクトリ)を確認

grep

find ./ -type f -print | xargs grep -l '検索したいワード'

gitコマンド

資料

https://qiita.com/2m1tsu3/items/6d49374230afab251337
http://commte.net/blog/archives/5251
https://qiita.com/fukumone/items/73e1a9a62c5e4454263b
https://qiita.com/suzukihi724/items/3fcfb891f5768293404c
http://tech.pjin.jp/blog/2015/11/24/git-command-matome-list-100/
https://qiita.com/mountcedar/items/682743c95fd3b8fc274b
https://qiita.com/2m1tsu3/items/6d49374230afab251337

git resetでHEADの位置を間違えて変えてしまったとき

https://qiita.com/tbaba/items/af563deac65d1b12de49

過去バージョンに戻す

http://d.hatena.ne.jp/murank/20110327/1301224770

https://qiita.com/samurairunner/items/7812749493554208aeae
https://qiita.com/UmedaTakefumi/items/af2e38068616d982f489
http://www.anvariation.com/git-get-previous-file/
http://jsstudy.hatenablog.com/entry/Checkout-with-Git

git config --global user.email "abc@gmail.com"

git config --global user.name "my name"

初期設定

git clone

cdで移動してからクローン

git log l- 10

ログを表示する

q

ログの表示などから抜ける

:wq

マージバック後に何もコミットしない

git checkout

git checkout [ブランチ名]
ブランチ作成(あれば移動)

git checkout -b ブランチ名
ブランチ作成して切り替える

git add .

indexに上げる

git add -A

全ての変更ファイルをindexに上げる

git diff

変更ファイルのdiff

git commit

git commit -m "コミットメッセージ"

変更内容をコミット

git commit -m "コメント1行目" -m "コメント2行目" -m "コメント3行目…"

複数行コミット

git commit --amend -m "書き換えたいコミット"

直前のコミットの書き換え

ローカル

git branch

ローカルブランチを表示

git branch --delete ローカルブランチ

ローカルブランチを削除

リモート

git branch -r

リモートブランチを表示

git remote -v

リモートリポジトリを確認

git checkout -b ローカルブランチ origin/リモートブランチ

リモートブランチからローカルブランチを作成する

git push --delete origin リモートブランチ(git push origin :リモートブランチ)

リモートブランチを削除

git branch -a(git branch --all)

全てのブランチを確認

git status

現在のブランチの状態

git merge

git merge マージしたいブランチ

マージ先のブランチ(masterやreleaseブランチ)に移動してコマンド
必ずコミットが済んでいる状態にマージする

git merge --no-ff マージしたいブランチ

fast-forwardの関係であっても、必ずマージコミットを作る
http://d.hatena.ne.jp/sinsoku/20111025/1319497900

git fetch

フェッチ

git tag タグ名

現在のブランチの直前のコミットに対してtagを作成

git pull origin ブランチ

プル

git push origin ブランチ

プッシュ

git reflog

headの遷移logを確認

git reset HEAD@{x} --hard

戻りたいHEADの位置に戻る

svnコマンド

資料

https://qiita.com/konweb/items/6effd36aab551b2d6b8f

おすすめ

svnはトータスSVNがわかりやすい
win環境が使用できない場合はコマンド

svn st

ステータス表示

svn log -l 10

ログ

svn ci -m 'コミットメッセージ' && svn up

コミット

svn up

SVN更新

ブランチ作成

マージ

マージのテスト