Posted at

【FileMaker】勤務表で使えるHour関数

More than 3 years have passed since last update.

よくExcelでも勤務表を自作したりしますよね。(しない?)

FileMakerでも同じように勤務表を作れます。

勤務表でめんどくさいのが時間の計算ですが、FileMakerの関数のHourを使えば簡単です。

Hour(Get(時刻)) + (Minute(Get(時刻))/60)

これで、「X時X分」が「X.X時間」となります。

これがわかれば、何時間働いたかも簡単に計算できます。

上の計算式の「時刻」は現時刻を求めるときに使う引数ですが、ここに「開始時刻」「終了時刻」それぞれの値を求めて減算するだけです。

やってみましょう。

テーブル定義に勤務時間の計算フィールドを作ります。

勤務時間のオプションで、計算式を指定します。



この時、計算式で使用しているフィールドが空欄の場合に計算しない、というフィールドのチェックを外してください。

特殊な条件の時に計算することがあるかもしれないからです。

例えば、勤務中であったり徹夜とか。。。

式は次のようになります。

(Hour ( 終了時刻 ) + (Minute ( 終了時刻 )/60)) - (Hour ( 開始時刻 ) + (Minute ( 開始時刻 )/60))

レイアウトでは、勤務時間の表示を小数点第二位まで指定しています。

その他、月合計などの総勤務時間を計算するときは、この勤務時間を集計すれば済みます。

時間の計算も実務上ではよく出てくるので、取り上げました〜。