LoginSignup
5

More than 5 years have passed since last update.

【FileMaker】勤務表で使えるHour関数

Posted at

よくExcelでも勤務表を自作したりしますよね。(しない?)
FileMakerでも同じように勤務表を作れます。
勤務表でめんどくさいのが時間の計算ですが、FileMakerの関数のHourを使えば簡単です。

Hour(Get(時刻)) + (Minute(Get(時刻))/60)

これで、「X時X分」が「X.X時間」となります。

これがわかれば、何時間働いたかも簡単に計算できます。
上の計算式の「時刻」は現時刻を求めるときに使う引数ですが、ここに「開始時刻」「終了時刻」それぞれの値を求めて減算するだけです。

やってみましょう。

テーブル定義に勤務時間の計算フィールドを作ります。
1204_1.png

勤務時間のオプションで、計算式を指定します。
1204_2.png
この時、計算式で使用しているフィールドが空欄の場合に計算しない、というフィールドのチェックを外してください。
特殊な条件の時に計算することがあるかもしれないからです。
例えば、勤務中であったり徹夜とか。。。

式は次のようになります。

(Hour ( 終了時刻 ) + (Minute ( 終了時刻 )/60)) - (Hour ( 開始時刻 ) + (Minute ( 開始時刻 )/60))

レイアウトでは、勤務時間の表示を小数点第二位まで指定しています。
1204_3.png

その他、月合計などの総勤務時間を計算するときは、この勤務時間を集計すれば済みます。

時間の計算も実務上ではよく出てくるので、取り上げました〜。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
5