Edited at

新しくMacBook Proを買ったときの個人的やったことまとめ【初期設定+自動環境構築】

More than 1 year has passed since last update.


MacBook Proの新型発売

ついに 待ちに待った新しいMacbook proが発売されましたね。ということでMacbook Proを買いましたので,環境構築した際のメモです。

ちなみに私が買ったのは旧モデル(MacBook Pro Retina 13-inch, Early 2015, OSX El Capitan)で、Apple Storeの整備済み品を買いました。

安さに負けました。



作業用BGMを流す

色々設定に時間がかかり長丁場になりますので、音楽を流しましょう。私は作業完了までに午前中一杯かかりました。特にXcodeが必要な方はインストールにかなり時間がかかります。

私は「恋ダンス」を延々とリピートして流していました。



Macの設定

以下、私の設定です。

この設定の良し悪しは個人によりますのでご注意ください。


1.トラックパッドの設定

「システム環境設定」



「トラックパッド」

・「タップでクリック」をチェック

・「軌跡の速さ」を早くする。


2.バッテリー残量のパーセントを表示

1番上のメニューバー右上の電池マークをクリック

・「割合(%)を表示」をチェック


3.メニューバーに日付を表示する

「システム環境設定」



「日付と時刻」



「時計」

・デフォルトではオフになっている「日付を表示」をオン。


4.時計の設定(初期状態だとずれていたので)

右上にあるメニューバーにある時計をクリック



時間帯タブを選択

・「東京都 - 日本」に合わせる


5.Dockの設定

「システム環境設定」



「Dock」

・画面上の位置 左

・Dockを自動的に隠す/表示をチェック


6.コンピュータ名の変更

「システム環境設定」



「共有」

・〇〇のMacBookを好きな名前に変更


7.ファンクションキーの設定変更

「システム環境設定」



「キーボード」

・「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」のチェックをオン

初期状態だと、F7のカタカナ変換がfnキーを押しながらしか使えない。


8.ファイルの拡張子を表示する

「Finder」



「環境設定」



「詳細」タブ

・「すべてのファイル名拡張子を表示」をオンに


9.スリープに入るまでの時間の変更

「システム環境設定」



「省エネルギー」

・「ディスプレイを切にするまでの時間」をバッテリー、電源アダプタともに15分に変更


10.ファイアウォールの設定

「システム環境設定」



「セキュリティとプライバシー」



「ファイアウォール」でカギを開けて(PCのパスワードが必要)、ファイアウォール開始


11.スクリーンショットの保存先変更

初期設定だとDesktopに保存され、散らかりやすいので、格納場所を指定します。

「ターミナル」起動



以下のコマンド入力。下記はホームディレクトリのDocumentsフォルダの直下にScreenShotsというフォルダを作成し、そこにスクリーンショットが入るように設定しています。

cd && cd Documents && mkdir ScreenShots && defaults write com.apple.screencapture location ~/Documents/ScreenShots

SystemUIServerを再起動し、設定を反映



killall SystemUIServer


12.ホットコーナーの割り当て

四隅にカーソルを寄せると各機能を呼び出せるホットコーナーを設定する。

「システム環境設定」



「デスクトップとスクリーンセーバー」



「スクリーンセーバー」タブをクリック



「ホットコーナー」をクリック

・左上:デスクトップ

・左下:Launchpad

・右上:Mission Control

・右下:通知センター


13.キーボードの「¥」入力を「\」にする(Google日本語入力の場合)

青字で白文字の「A」が出ている状態(英数)で、メニューバーのGoogle日本語入力を選択



「環境設定...」を選択



一般タブの¥キーで入力する文字を「\(バックスラッシュ)」に変更


14.Finderで隠しファイル・フォルダを表示

ターミナルを開く



以下のコマンドを入力

// 隠しファイル・フォルダを表示するために以下のdefaultsコマンドを実行する

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
// 設定を反映するために「Finder」プロセスを終了する
$ killall Finder

非表示にしたい場合は以下のコマンドを実行してください

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE

$ killall Finder


15.カーソルを大きくする

27インチなどのモニタを使っていると、初期設定だと小さくて見失うので、大きくします

システム環境設定



アクセシビリティ



ディスプレイ



カーソルのサイズで調整する



アプリケーションのインストール(自動環境構築)

「旧Macのbrewで管理していたもの」と「旧MacにApp Store経由でインストールしていたアプリ」を移行しました。

※この方法だとAlfred、BartenderなどのWeb経由でダウンロードしたアプリは移行できませんのでご注意下さい



使用ツール・サービス

各ツール・サービスの詳細は下記公式ページより確認して下さい(ターミナルのみWikipediaのリンク)。

Homebrew

GitHub

mas-cli

ターミナル



移行元の旧Macでの作業

1.tap で homebrew-bundle を使えるようにする



brew tap Homebrew/bundle


2.App Storeでインストールしたアプリを管理するため mas-cli を入れる



brew install mas


3.dump で現在インストールされているパッケージを Brewfile として書き出す



brew bundle dump



すると、ホームディレクトリの直下にBrewfileが出来ていると思います。

※全て書き出せるわけではないので、足りないものがないかどうか、BrewfileとApplicationsフォルダにあるものを比較して下さい。足りなかったらBrewfileに追加すればOKです。私の場合XcodeがBrewfileから抜けていたのでBrewfileに書き足しました。


その際、下記のコマンドで正式名称がわかります。

brewで管理しているアプリの場合



brew search アプリケーション名



App Store経由でインストールしたアプリの場合



mas search アプリケーション名


4.Githubでリポジトリ作成

①Githubの右上にある+マークをクリック

②New Repositoryをクリック

③好きなRepository nameを入れて,Create repositoryボタンをクリック

④作成したリポジトリのHTTPSを確認

⑤ホームディレクトリにBrewfileを格納するディレクトリを作成

⑥Brewfileを作成したディレクトリに移動させる

⑦Gitにコミットする



git init && git add . && git commit -m 'first commit' && git remote add origin https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git



※httpsのアドレス④で確認したものです



移行先の新Macでの作業

1.Macのターミナルを起動し、Homebrewのインストール



/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"


2.先程作成したリポジトリをGithubからクローンする



git clone https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git


3.クローンしたディレクトリに移動



cd クローンしたディレクトリ


4.brewコマンドの実行



brew tap Homebrew/bundle && brew bundle



※これで自動でインストールされますが、途中でパスワード聞かれたりします


5.アプリケーションのインストール完了

これで作業完了となります。お疲れ様でした。



補足:Brewfileのメンテナンスコマンド

Brewfile に記載のあるものでインストール・アップグレードすべきものを表示



$ brew bundle check



Brewfile に書いていないパッケージを全てアンインストール



$ brew bundle cleanup