Help us understand the problem. What is going on with this article?

[PHP]GoogleAnalyticsからPV数を取得するまで

More than 3 years have passed since last update.

[PHP]GoogleAnalyticsからPV数を取得するまで

ホームページの解析に利用されるGoogleAnalyticsからPV数を取得するまでの備忘録
1. GoogleDeveloersでプロジェクトの作成
2. GoogleAnalyticsの設定
3. PHPで取得する際のサンプル

1.GoogleDeveloersでプロジェクトの作成

新規プロジェクトの作成

https://console.developers.google.com/start へアクセスして、GoogleAnalyticsAPIを扱うためのプロジェクトを作成
名前はご自由に
2015-08-31_14h49_15.png

Analytics APIの有効化

プロジェクトが利用するAPIを選択しなければいけないので、左のメニューからAPIを検索して AnalyticsAPIを有効化する
2015-08-31_14h55_30.png

認証情報の追加

各GoogleのAPIを利用するためには、各サービスに応じた認証が必要となります。
今回はサーバからAPIを叩きに行くので、サービスアカウントで作成します。
2015-08-31_14h57_29.png
キーのタイプは「.p12」でOKです。
サービスアカウントが作成されると同時に「.p12」形式の秘密鍵がダウンロードされます。
後ほど使うので保管しておきましょう。

作成されたサービスアカウントはこんな感じ
2015-08-31_15h01_21.png
クライアントIDとメールアドレスは後ほど扱います。

新規プロジェクトの作成は以上です。

GoogleAnalyticsの設定

先ほど作成したプロジェクトのサービスアカウントの、GoogleAnalyticsへのアクセスを許可しましょう。

クライアントメールアドレスの追加

PV数を取得したいレポートを見ている状態で、上部メニューの「アナリティクス設定」をクリック
2015-08-31_15h17_27.png

設定画面でビュー項目の「ユーザ管理」へ
2015-08-31_15h18_25.png

ユーザの追加をします。
「権利を付与するユーザー」に先ほど作成したクライアントIDのメールアドレスをコピペ
権限に表示と分析が含まれているか確認
2015-08-31_15h20_30.png

ビューIDの確認

同じ設定のビュー項目で「ビュー設定」を選択
設定内に記載されている「ビューID」をメモメモ
このビューIDを用いて、APIはデータを取得するAnalyticsを一意に識別します
2015-08-31_15h22_24.png

PHPで取得する際のサンプル

ライブラリ

API用のPHPライブラリをGoogleさんが提供してくれているので、そちらを使います。
google/apiclient
GitHub:https://github.com/google/google-api-php-client
packagist:https://packagist.org/packages/google/apiclient

コード

composer使ってるならいりませんが、使ってない人はライブラリ下の「autoload.php」をrequire_onceしてあげましょう。

public function getPageView()
{

    //ビューID
    $viewId = CORPORATE;

    //GoogleAPI クライアント メールアドレス
    $client_email = GAADD;

    //.p12ファイル(秘密鍵)
    $private_key = file_get_contents(P12KEY);

    //メトリクス:取得するデータ ga:pageviewsはPV数
    $metrics = "ga:pageviews";

    //取得期間(Y-m-d形式)
    $from = '2015-08-10';
    $to = '2015-08-12';

    //オプション
    $option = [
        "dimensions" => 'ga:date', //ディメンション:区切り 日付ごとに
        "max-results" => 10000, //最大取得件数 10000がAPIの上限
        "sort" => "ga:date", //ソート 日付順
    ];


    //スコープのセット
    $scopes = ["https://www.googleapis.com/auth/analytics.readonly"];

    //クレデンシャルの作成
    $credentials = new Google_Auth_AssertionCredentials($client_email, $scopes, $private_key);

    //Googleクライアントのインスタンスを作成
    $client = new Google_Client();
    $client->setAssertionCredentials($credentials);

    //トークンのリフレッシュ
    if ($client->getAuth()->isAccessTokenExpired()) {
        $client->getAuth()->refreshTokenWithAssertion($credentials);
    }
    $_SESSION["service_token"] = $client->getAccessToken();

    //Analyticsのインスタンスを作成
    $analytics = new Google_Service_Analytics($client);

    //データの取得
    $obj = $analytics->data_ga->get(
        "ga:{$viewId}",
        $from,
        $to,
        $metrics,
        $option
    );

    echo '<pre>';
    var_dump($obj->rows);
    echo '</pre>';
}

取得結果

array(3) {
  [0]=>
  array(2) {
    [0]=>
    string(8) "20150810"
    [1]=>
    string(3) "891"
  }
  [1]=>
  array(2) {
    [0]=>
    string(8) "20150811"
    [1]=>
    string(3) "983"
  }
  [2]=>
  array(2) {
    [0]=>
    string(8) "20150812"
    [1]=>
    string(4) "1003"
  }
}

こんな感じになる(ハズ)

PV数以外も月ごととかも

上記サンプルの

    //メトリクス:取得するデータ ga:pageviewsはPV数
    $metrics = "ga:pageviews";

    $option = [
        "dimensions" => 'ga:date', //ディメンション:区切り 日付ごとに
        "max-results" => 10000, //最大取得件数 10000がAPIの上限
        "sort" => "ga:date", //ソート 日付順
    ];

このへんいじると、Session数とか情報の粒度とかいじれる。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away