Posted at

AWS EC2にDockerでJenkinsを導入

More than 1 year has passed since last update.


事前準備

AWS EC2にDockerでRedmineを導入のDocker, docker-composeの導入する。


実行情報


  • Amazon Linux AMI (EC2)


  • ec2-user で実行


docker-compose.ymlファイルの作成

jenkinsはRedmineのymlに比べてシンプルである。

ポート3001番にアクセスことでjenkinsサービスが立ち上がるように設定。

※ ポートの開放はAWS EC2にDockerでRedmineを導入参照

version: '3.5'

services:
jenkins:
image: jenkins:latest
container_name: jenkins
restart: always
ports:
- 3001:8080
environment:
JENKINS_OPTS: '--prefix=/jenkins'
volumes:
- /var/www/jenkins/home:/var/jenkins_home

JENKINS_OPTSに指定したパスにアクセスすることでjenkinsが起動することとなる。


  • JENKINS_OPTSなし:http://[AWSグローバルアドレス]:3001

  • JENKINS_OPTSあり:http://[AWSグローバルアドレス]:3001/jenkins


jenkinsディレクトリ権限変更

AWSサーバにjenkins情報を保存するために/var/www/jenkins/homeを用意する。

rootユーザやec2-userで作成するとjenkinsを起動したときに権限エラーでdockerが立ち上がらずStarting状態から進まない状態となるため、権限を変更する必要がある。

$ sudo su

$ cd /var/www
$ chown -R 1000:1000 jenkins


Jenkins起動

$ docker-compose up -d

$ docker-compose ps


Jenkins初期パスワード

ブラウザから初回アクセスするときにパスワードが必要となるので、予めメモをしておく。

$ cat /var/www/jenkins/home/secrets/initialAdminPassword


Jenkinsアクセス

ブラウザからhttp://[AWSグローバルアドレス]:3001/jenkinsにアクセス


ログイン画面

Jenkis初期パスワードでログイン

jenkins1.JPG


カスタマイズ画面

「Select plugins to install」を選択

jenkins2.JPG


プラグイン選択画面

お好みで導入したいプラグインを選択

jenkins3.JPG


Adminユーザ作成画面

Jenkinsの初期Adminユーザを作成

jenkins4.JPG


完了画面

これでJenkins設定は完了!

jenkins5.JPG

よいビルド・デプロイ人生を!!!