Posted at

moment.jsの使い方メモ


moment.jsを使ったのでメモ

久しぶりの投稿となりますが、仕事でmoment.js(正確には、moment-with-locales.min.js)を利用したので、使った機能をメモしておくことにしました。全ての機能を使ったわけではありませんが、今後も使いそうなので、都度追記をしていこうと思っています。

(毎回調べていると時間がかかるばかりなので、自分用にまとめておこうと思って。)


moment.jsの使い方


現在日時を取得する。

var now = moment();


文字列に変換(書式指定可能)

moment().format("YYYYMMDD");

指定文字
取得対象

YYYY

MM

DD

HH
時(24時間表記)

hh
時(12時間表記)

mm

ss


日時の加算

現在から5日後、とか特定日時から5日後などを求められます。引数を変えると、月も時間も加算することができます。

var addedDate = moment().add(5, 'd');

var addedDate = moment(targetDate).add(5, 'd');


月の最初の日を取得する。

カレンダーを作るのに使いました。(曜日の関係で前の月の最終週を表示するなど)

var startOfMonth = moment().startOf('month');


指定した週の特定曜日の日時を求める

days()の引数に指定するのは0が日曜日で6が土曜日です。1-7とか指定する(-6でも良い)と前の週の月曜日が取得できます。

var firstMonday = moment().startOf('month').days(1);


日時の差分を求める。

var diffDays = endDate.diff(startDate, 'days');


参考資料


Disclaimer


  • この記事は個人的なものです。私の雇用者とは全く関係はありません。(一応つけておきます)