Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSアカウント作り直してみた

はじめに

  • これからawsの勉強をする予定です。
  • 2年前くらいに、railsチュートリアルをしました。その際に、一度AWSのアカウントを登録したのですが、途中で挫折して、ずっと放置されてたままになっていました....
  • 今回、AWSアカウントを作り直そうか迷っていましたが、作り直すと無料枠がリセットされることが判明したので、作り直そうと思います!!(メールアドレスは変える必要があるみたいです)

目次

  1. awsのアカウントを削除
  2. awsのアカウントを再登録
  3. 初期設定

1.awsのアカウントを削除

rootアカウントでログイン

  1. サインインの画面でrootアカウントに紐づくメールアドレスを入力します。

スクリーンショット 2020-01-24 19.34.05.png

2. パスワードと多要素認証が求めれるので、それぞれ入力します。
3. AWSマネジメントコンソール画面に入ることができます。

アカウント解約へ

  1. マネジメントコンソール画面から自分のアカウント管理画面へ
    qiita_aws_delete_1.PNG

  2. そのページをスクロールし、最下部へ
    qiita_aws_delete_2.PNG

  3. クリックすると、
    qiita_aws_delete_3.PNG
    これでアカウントの解約ができました!!
    解約手続き完了メールが登録したメールアドレスに届いているはずです。

2.awsアカウントの再登録

ここから基本情報を入力し、再度アカウントを作り直しました。
qiita_aws_regist.png
できました!!

3.初期設定

多少記事のUIと異なることはありましたが、特に詰まることなく、15分くらいで設定することができました!!

まとめ・感想

  • 初めて作った時は、1時間くらいかかった気がしますが、特に迷うことなく作り直すことができました。調べてみると分かりやすい記事たくさんありますね。今後も勉強しやすそうです。
  • やっと勉強する準備が整ったので、次回からは無料枠を使って何かしたいと思っています。アカウント作り直すことで無料枠がリセットされるの本当にありがたいです...
  • そういえば、就活用にWordPressで作ったポートフォリオをサクラサーバに放置してあったはずなので、この機会にAWSに移行しようかなと思います。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした