Help us understand the problem. What is going on with this article?

API GatewayのLambda統合で嵌った話

今まで仕事でLambdaを触っていたけど、自宅で一から作ろうとしたら嵌ったので、その時の話を書いていきます。

仕事の記憶を頼りに、次のようなLambdaハンドラとserverless.ymlを書きました。ごく単純なPOSTメソッドで、リクエストボディからparamという値を取り出します。

handler.py
def handle_request(event, context):
    body = event.get('body')
    param = body.get('param')
    # 以下省略
serverless.yml
functions:
  sample:
    handler: python:handler.handle_request
    events:
      - http: post sample

早速リクエストを送ってみると、502 Internal server errorが返ってきて、Lambdaのログには以下のエラーが出ていました。

[ERROR] AttributeError: 'str' object has no attribute 'get'
Traceback (most recent call last):
  File "/var/task/handler.py", line 22, in handle_request
    param = body.get('param')

あれ、おかしいな。仕事の時はbodyからgetするだけでパラメータを取得できていたのだが…。

で、調べてみると、Lambdaプロキシ統合が関係していることが分かりました。

Lambdaプロキシ統合.png

今までほとんど意識していませんでしたが、これを使用するとAPI GatewayがLambdaへうまい感じにリクエストパラメータ等を渡したり、Lambdaからのレスポンスを処理したりするようです。

ただし、リクエストボディはJSON形式ではなく文字列に変換されてしまうとのこと。Lambdaプロキシ統合を使用しないとJSON形式で扱えたので、この点だけは若干不便な気がします。

serverless.yml
functions:
  sample:
    handler: python:handler.handle_request
    events:
      - http:
          path: sample
          method: post
          integration: lambda

このように書くと、Lambda統合はされますが、Lambdaプロキシ統合は使用されません。仕事ではこうしていたからgetだけでうまく行ったんだな。週明けに直さなきゃ!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした