Help us understand the problem. What is going on with this article?

vue/dist/vue.esm.js を使わない方法

More than 1 year has passed since last update.

vue/dist/vue.esm.js を使いたくない

Vueの入門者が最初に躓きがちな問題として、「自分の環境でVue公式のサンプル通りにコンポーネントを書いてみても動かない!」ということがあると思う。
大抵はVueのimportの書き方が問題になる。この解決策として、「import Vue from 'vue'ではなくimport Vue from 'vue/dist/vue.esm.js'を使いましょう」という方法が紹介されていることが多いと思う。
これは、import Vue from 'vue'と書いたときに読み込まれる「ランタイム限定ビルド(vue.runtime.esm.js)」ではなく、「完全ビルド(vue.esm.js)」を使うようにする書き方なのだけど、なるべくランタイム限定ビルドを使ったほうが良いですよーというのが公式のおすすめ

ランタイム限定ビルドは完全ビルドに比べおよそ 30% 軽量なため、利用できるときにはこれを利用したほうが良いでしょう。

結構な差で軽量。そんなにランタイム限定ビルドのほうが軽量と言われたらそっちを使いたくなる。

なぜvue/dist/vue.esm.jsが必要なのか。

Vueでelオプションを使ったときや、templateオプションに直接HTMLのテンプレートを渡す場合は実行時にコンパイラが必要になるので、完全ビルドを使わざるを得なくなってしまう。
なので、ランタイム限定ビルドを使用するためには、コンパイラが必要ないコードにする必要がある。

このあたりに関しては、この記事がめっちゃ詳しい。
Vue2.x系のハマりどころ templateとコンパイラを完全解説するよ

vue/dist/vue.esm.jsを使わない方法

templateオプションでcreateElementを使って頑張ったりJSXを渡ったりしたりvue-template-loaderを使ったりすればよいかもしれないが、別のパッケージを入れたり面倒。なるべく今までと同じように書きたい。

単一コンポーネント(.vue)に書いたテンプレートに関しては、ビルド時にコンパイルされるため、実行時に完全ビルドは必要なくなる。なので、elオプションもtemplateオプションも使わずに、全部コンポーネントに書いてしまう方法がある。
もちろん、単一コンポーネントをビルドできるようにしておく必要はある。

例えば、数字をクリックするとカウントアップするVueアプリのコードがこれ。

index.html
<div id="app"><span @click="increment">{{count}}</span></div>
index.js
import Vue from 'vue/dist/vue.esm.js'

document.addEventListener('DOMContentLoaded', () => {
  new Vue({
    el: '#app',
    data: {
      count: 0
    },
    methods: {
      increment () {
        this.count++
      }
    }
  })
})

このコードでは、html側にテンプレートが書かれているので、実行時コンパイルのために完全ビルドが必要になる。

このhtmlのテンプレートを単一コンポーネント側に持っていき、script部分はコンポーネントそのままではなくVue.extendを使用してVueのサブクラスコンストラクタを作成する。これならhtmlテンプレートが単一コンポーネント内に収まるため、ビルド時にコンパイルされ実行時コンパイルは不要になる。
次のようにする。

index.html
<div id="app"></div>
index.js
import App from '../app.vue'

document.addEventListener('DOMContentLoaded', () => {
  const app = new App
  app.$mount('#app')
})
app.vue
<template>
  <span @click='increment'>{{count}}</span>
</template>

<script>
import Vue from 'vue'

export default Vue.extend({
  data: () => {
    return {
      count: 0
    }
  },
  methods: {
    increment () {
      this.count++
    }
  }
})
</script>

重要なのは、$mountを使ってちゃんとマウントしてあげること。
elオプションを使わない場合は、自分で任意のタイミングで$mountする必要がある。

これで完全ビルドを使う必要がなくなり、めでたしめでたし。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした