Help us understand the problem. What is going on with this article?

【SQLite3】 〜データベースの操作

データベースの作成・接続

ターミナル上で実行
sqlite3 sample.sqlite3

上記のコマンドは、SQLite3のコマンドライン起動コマンドと同じです。
このコマンドを実行した際、指定したデータベースが存在すればそのデータベースに接続し、指定したデータベースが存在しなかった場合はそのデータベース名で新規ファイルが作成されコマンドラインツールが起動します。

なお、データベース名についてですが、拡張子をつけなくてもデータベースとして使うことは可能です。
ですが、ひとつのプロジェクト内には、多数のプログラムファイルが存在していることやデータベースの種類も多数あることから、それを明示するために例として下記のような拡張子をつけることが通例となっているようです。

  • sample.sqlite3
  • sample.sqlite
  • sample.db

この記事では、拡張子を「.sqlite3」に統一します。


データベースのバックアップ

SQLite3は、データベースごとにひとつのファイルとして管理しているので、エクスプローラー(Windows),ノーチラス(Ubuntu)を開いて、名前を変えてコピーするだけで、データベースのバックアップを取ることができます。


データベースの削除

バックアップの項目と同様の理由で、データベースを格納してあるファイルを削除することで、データベースを削除することが可能です。


本記事目次ページ

【データベース】SQLite3・JDBCまとめ

参考サイト

tsweblabo
はじめまして。t's Web Laboと申します。 昨年新しい環境での生活が始まり、多くの方のサポートのおかげでようやく環境が整ってきました。 とはいえ知識や技術面の足りない部分が多く、日々勉強の必要性を感じています。 プログラミング関連で興味を持ったこと、勉強したことを備忘録の意味も込めてQiitaで発信していきます。 2020.06.03
https://tsweblabo.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away