LoginSignup
0

ユーザーストーリーマッピングについて調べたことをまとめてみた

Last updated at Posted at 2023-12-18

概要

ユーザーストーリーマッピング

ユーザーストーリーマッピングは、製品やサービスの開発プロセスにおいて、
ユーザーの視点と経験を中心に据えたプランニングとコミュニケーションのツールです。

このアプローチは特にアジャイル開発の文脈で利用され、
製品の機能や要件をユーザーの旅(ジャーニー)を通して体系的に整理し、ビジュアル化するのに役立ちます。

基本的なコンセプト

ユーザー中心: ユーザーストーリーマッピングでは、製品やサービスを使用するエンドユーザーの視点が重視されます。
ストーリーの形式: ユーザーのニーズや要求を「ユーザーストーリー」と呼ばれる短い記述形式で表現します。これは一般に
「As a [ユーザータイプ], I want [目的/機能], so that [利点/価値]」という形式を取ります。
ビジュアルマップ: ユーザーの行動、タスク、目標を視覚的にマッピングすることで、製品のビジョンや開発プロセスがより明確になります。

ユーザーストーリーマッピングのプロセス

ユーザーの理解: ユーザーの目標やニーズを把握します。
アクティビティの識別: ユーザーが目標達成のために行う主要なアクティビティを特定します。
ストーリーの作成: 各アクティビティに関連する具体的なユーザーストーリーを作成します。
マッピング: これらのストーリーを時間軸や論理的な順序に従って配置します。
優先順位の設定: プロジェクトの目標に基づいて、ストーリーに優先順位をつけます。
リリース計画の策定: 優先順位の高いストーリーから開発を開始し、段階的にリリース計画を立てます。

利用価値

ユーザーストーリーマッピングは、開発チームが製品のビジョンを共有し、ユーザーの視点を常に念頭に置くことを助けます。また、機能や要件が複雑に絡み合う大規模なプロジェクトにおいて、全体像を俯瞰し、焦点を合わせるための有効な手段となります。

メリット

  • ユーザー中心の視点: ユーザーの経験に焦点を当てることで、製品が実際のユーザーのニーズに合致するようになります。
  • 優先順位の明確化: 重要な機能やタスクが何であるかを明確にし、開発の効率化に寄与します。
  • チームの理解とコミュニケーションの促進: 全員が製品のビジョンと方向性を理解しやすくなり、コミュニケーションがスムーズになります。
  • 柔軟な計画調整: プロジェクトの進行に伴い、新たな洞察や要件の変化に基づいて計画を調整しやすくなります。
  • ビジュアル化による理解促進: ストーリーマップはビジュアルなツールであり、概念を明確に伝えるのに役立ちます。

デメリット

  • 時間と労力: 特に大規模なプロジェクトでは、ユーザーストーリーマッピングを作成・維持するのに多くの時間と労力が必要です。
  • 過度な単純化のリスク: 複雑な機能や要件を過度に単純化すると、重要な詳細が見落とされることがあります。
  • 経験とスキルの必要性: 効果的なストーリーマッピングには、チームメンバーの適切なスキルと経験が求められます。
  • 変更への対応: マーケットや要件の変化に迅速に対応する必要があり、マップを頻繁に更新する必要が生じることがあります。
  • 全員の合意形成の難しさ: チーム内で異なる見解がある場合、全員が納得するマップを作成するのが難しくなることがあります。

まとめ

ユーザーストーリーマッピングは、製品開発における明確な方向性とユーザーのニーズに焦点を当てるための強力なツールですが、効果的に利用するには適切な管理とチームの協力が必要です。

方法

ユーザーストーリーマッピングを行う方法は、以下のステップで構成されます:

1. ユーザーの目標の特定

ユーザーパーソナを定義する: 製品やサービスのエンドユーザーについて詳細に考えます。
ユーザーの目標を特定する: ユーザーが何を達成したいのかを理解し、それをベースにします。

2. アクティビティのマッピング

大まかなアクティビティの識別: ユーザーが目標を達成するために行う主要な活動をリストアップします。
マッピング: これらのアクティビティをマップ上に配置します。通常は左から右へ時系列に沿って配置します。

3. ステップの分割

各アクティビティを細分化する: 大まかなアクティビティをより具体的なタスクやステップに分解します。
シーケンスを考慮する: ユーザーがこれらのタスクをどのような順序で実行するかを考えます。

4. ユーザーストーリーの作成

ユーザーストーリーを記述: 各ステップに対して、短い、明瞭なユーザーストーリーを書きます。
ストーリーの配置: これらのストーリーを適切なアクティビティやステップの下に配置します。

5. 優先順位の付け方

重要度に基づく: ストーリーの重要度に応じて、優先順位を決定します。
利害関係者との調整: 利害関係者と共有し、フィードバックを取り入れながら優先順位を調整します。

6. リリース計画の策定

反復計画の作成: 優先度の高いストーリーから開始し、反復ごとの計画を立てます。
調整と更新: プロジェクトの進行に伴い、マップを定期的に見直し、更新します。

ツールと技術

ビジュアル化ツール: 物理的なカードやポストイット、オンラインツール(例:Jira, Trello)を使ってマッピングをビジュアル化します。
チームワーク: 全チームメンバーの参加を奨励し、アイデアとフィードバックを共有します。

カスタマージャーニマップとの違い

カスタマージャーニーマップ

目的と焦点

ユーザー体験の理解: カスタマージャーニーマップは、顧客が製品やサービスとどのように相互作用するかを視覚化することに重点を置いています。
感情の流れの捉え方: 顧客の購入プロセス全体を通じての感情、疑問、ハードルなどを詳細に追跡します。

活用シーン

マーケティングや顧客サービス改善、製品デザインにおいて、顧客の体験を深く理解し、顧客満足度を向上させるために使われます。

形式

カスタマージャーニーマップは通常、顧客の購入プロセスやサービス利用プロセスを時系列に沿って表します。

ユーザーストーリーマッピング

目的と焦点

製品開発の計画: ユーザーストーリーマッピングは、製品やサービスの開発過程で、機能やタスクをユーザーの視点から整理し、優先順位をつけるのに役立ちます。
アジャイル開発の支援: アジャイル開発の文脈で多用され、開発過程でのユーザーのニーズの理解を深めるのに使用されます。

活用シーン

ソフトウェア開発や製品開発の初期段階で、どの機能をいつ開発するかを決定するのに使われます。

形式

ユーザーストーリー(製品やサービスを利用する際のユーザーの目標や要望を短い文で記述したもの)を中心に構築され、これらを開発のタイムラインに沿って配置します。

まとめ

カスタマージャーニーマップは、顧客の体験全体を捉え、顧客の感情や経験の流れに焦点を当てるのに対し、ユーザーストーリーマッピングは製品開発の計画と優先順位付けに重点を置いており、具体的な機能やタスクの開発に関連しています。両者は製品やサービスの改善において補完的に使用されることが多いです。

ユーザーストーリーマッピングのよくある失敗

https://jpattonassociates.com/5-story-mapping-mistakes/
https://x.com/ryuzee/status/1731895450968719745?s=20

(1) ストーリーを見失い、名詞中心の機能分解にしてしまうこと
(2) 細部にとらわれすぎてマップショックを起こし、全体を見失うこと
(3) 流れや枝葉、内容への過度な心配でフローチャート化すること
(4) 単一機能追加時にプロダクト全体をマッピングしてしまうこと
(5) リリースのアウトカムを決めるのではなく、キャパシティ一杯まで詰め込もうとすること

参考文献

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0