search
LoginSignup
0

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Rails 最序盤シート

Railsプロジェクト作成

$ rails new アプリ名 -d mysql -T
  • DBはMySQLを指定します。
  • -T オプションでテストファイルの自動生成を止めます(テストはRSpecを使用するため、ここでの自動生成は不要です)
  • このコマンドでカレントディレクトリにアプリ名と同じ名前のディレクトリが生成されますので、ディレクトリ作成してからコマンドを実行する必要はありません。

MySQLユーザー作成

$ mysql -uroot -p
Enter password:

mysql> create user 'ユーザー名'@'localhost' identified by 'パスワード';
mysql> grant all on *.* to 'ユーザー名'@'localhost';

config/database.yml

  • config/database.yml を以下のように書き換える(これで全文です)。
  • username:password: を先ほど作成したユーザー情報に書き換える。
config/database.yml
default: &default
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  pool: 5
  username: ユーザー名を入れる
  password: パスワードを入れる
  socket: /tmp/mysql.sock

development:
  <<: *default
  database: アプリ名_development
  • production用の設定は本番デプロイ時に本番サーバ内で作るのでここでは記載しません。
  • socket: の値は以下のコマンドで確認できます。
$ mysql_config --socket
/tmp/mysql.sock

DB作成

$ rake db:create

動作確認

$ rails s
  • localhost:3000 にアクセスして、Yay! You’re on Rails! を確認する。

.gitignore

  • 以下を追記する。
  • /.idea/* はJetBrains社のIDEの関連ファイルなので、使ってない方は記載不要です。
.gitignore
/config/database.yml
/.idea/*

Git

  • GitHub上でリモートリポジトリを作成しておく。
  • git initrails new 時に自動実行されていました。
$ git add .
$ git commit -m 'first commit'
$ git remote add origin git@github.com:user/repo.git
$ git push -u origin master
  • GitHub上で /config/database.yml が閲覧できないことを確認する。

タイムゾーン指定

config/application.rb
module アプリ名
  class Application < Rails::Application
    config.load_defaults 5.2

    # ここから
    config.time_zone = 'Tokyo'
    config.active_record.default_timezone = :local
    # ここまで追記

  end
end

Slim導入

Gemfile編集

Gemfile
gem 'slim-rails'
gem 'html2slim'

インストール

$ bundle

既存のerbファイルをslimファイルに変換

  • app/views/layouts フォルダ内には最初からファイルがあるため、下記のコマンドで変換します。
  • もし他のフォルダにもerbファイルをすでに作ってしまっている場合は、下記のコマンドのパス指定をしている部分を書き換えます。
$ bundle exec erb2slim app/views/layouts/ --delete

Bootstrap4導入

Gemfile編集

Gemfile
gem 'bootstrap', '~> 4.3.1'
gem 'jquery-rails'

インストール

$ bundle

scssファイルを用意

  • app/assets/stylesheets/application.cssapp/assets/stylesheets/application.scss にリネームして、下記を追記します。
app/assets/stylesheets/application.scss
@import "bootstrap"; //この1行を追記

application.js を編集

app/assets/javascripts/application.js
// 以下3行を追記
//= require jquery3
//= require popper
//= require bootstrap-sprockets

application.html.slim に基本構造を書く

application.html.slim
doctype html
html
  head
    title アプリ名
    = csrf_meta_tags
    = csp_meta_tag

    meta charset="utf-8"
    meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge"
    meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1"
    meta http-equiv="content-language" content="ja"

    meta name="description" content="ページの説明文"

    /![if lt IE 9]
    script src="https://oss.maxcdn.com/html5shiv/3.7.2/html5shiv.min.js"
    script src="https://oss.maxcdn.com/respond/1.4.2/respond.min.js"
    /![endif]

    = stylesheet_link_tag 'application', media: 'all', 'data-turbolinks-track': 'reload'
    = javascript_include_tag 'application', 'data-turbolinks-track': 'reload'
  body
    header
    nav
    main
      = yield
    footer

関連記事

参考

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0