Ruby
Ubuntu

UbuntuにRubyをインストールした話

前回の記事で仮想マシン上にインストールしたUbuntuに、Rubyをインストールした時のメモです。

今回使ったもの

  • Ubuntu(バージョン 16.04 LTS)
  • git
  • rbenv
  • ruby-build

gitのインストール

まずはgitをインストールします。
参考:Git - Download for Linux and Unix

sudo apt-get install git

少し古めのgit(バージョン 2.7.4。最新は2.16.1。)がインストールされます。とりあえず現時点で困ることはないので、そのまま使うことにしました。

rbenvのインストール

githubのrbenvのinstallationに沿って、rbenvをインストールします。
詳細は下記のリンクから。
github : rbenv

簡単にまとめると、

git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc

してから、以下の記述を.bashrcに追加するだけです。

eval "$(rbenv init -)"

.bashrcを書き換えたあとはsourceするなり、ターミナルを再起動するなりします。

おまけ:rbenvのアップデート

gitからrbenvをクローンした場合は、以下のコマンドで最新にアップデートできます。

cd ~/.rbenv
git pull

ruby-buildのインストール

次にruby-buildをrbenvのプラグインとしてインストールします。
詳細は下記のリンクから。
github : ruby-build

簡単にまとめると、

mkdir -p "$(rbenv root)"/plugins
git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git "$(rbenv root)"/plugins/ruby-build
sudo apt-get install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm3 libgdbm-dev

最後のapt-getはUbuntu/Debian/Mint用。その他の環境の場合は、以下のリンクから依存ライブラリを確認してください。
Suggested build environment

おまけ:ruby-buildのアップデート

gitからruby-buildをクローンした場合は、以下のコマンドで最新にアップデートできます。

cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build/
git pull

Rubyのインストール

rbenvを使ってRubyをインストールします。使い方は以下。

インストール可能なRubyの一覧を表示

rbenv install -l

指定したバージョンのRubyをインストール

rbenv install 2.5.0

通常使うRubyのバージョンを指定

rbenv global 2.5.0

RubyGemsのアップデート

RubyGemsをアップデートします。
参考:RubyGemsのガイド

gem update --system

これでRubyのプログラムを実行できるようになりました。