Posted at

Custom Instrumentsのインストール方法


iPhoneターゲットでArchive

Screen Shot 2018-11-22 at 16.32.46.png


Built Productsでexport

Screen Shot 2018-11-22 at 16.33.20.png


*.instrdst をダブルクリックしてインストール

Screen Shot 2018-12-04 at 15.01.04.png


以下、共通で使う *.tracetemplate を作成する方法 (すでにある場合は不要)


Instrumentsを開き、最初はBlankを選択

Screen Shot 2018-12-04 at 15.03.42.png


右上のプルダウンにインストールしたpackageがある

Screen Shot 2018-12-04 at 15.04.07.png

必要なものと合わせてtraceviewに追加する。

Screen Shot 2018-12-04 at 15.04.25.png


File => Save as Template

Screen Shot 2018-12-04 at 15.05.02.png


保存したTemplateをダブルクリックでいつでも上記で選択した設定でProfileが開始できる

Screen Shot 2018-12-04 at 15.06.31.png


repositoryにコミットするのがオススメ


  • *.instrpkg

  • *.tracetemplate

チームで共有できる。各メンバーごとに上記packageのインストールは必要そう。

*.instrdst (archive&exportした成果物) をコミットしてもいいかもしれないが、各自でデバッグできた方がいいと思うし各自でarchiveしてもらうということでいい気がする。


Debugする


Custom Instruments をDebug実行

Screen Shot 2018-12-04 at 15.22.57.png


*.tracetemplate*.instrpkg のデフォルトtemplateとして指定できる。

    <template>

<import-from-file>relative/path/to/VideoContentKeySession.tracetemplate</import-from-file>
</template>

たしかこれで一覧にも自分が作ったものが現れるようになる。

Screen Shot 2018-12-04 at 15.23.55.png


参考