Edited at

JavaSE(JDK)をインストールしたら必ずやっておきたい設定

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

インストール直後に実施する設定をまとめます。


作業手順


乱数生成に伴うJVMの遅延の回避

(Oracleを使っている場合は特に..かな)


$JAVA_HOME/jre/lib/security/java.security

#securerandom.source=file:/dev/random

securerandom.source=file:/dev/urandom

参考: 乱数生成に伴う JVM の遅延の回避


DNSキャッシュがリフレッシュされない問題の回避


$JAVA_HOME/jre/lib/security/java.security

#networkaddress.cache.ttl=-1

networkaddress.cache.ttl=600
networkaddress.cache.negative.ttl=10


AES128までしか使えない等の問題の回避

Java Cryptography Extension (JCE)を"Unlimited Strength Jurisdiction Policy Files"版に差し替えます。

zipファイルをダウンロードして解凍すると、以下のファイルがあります。

US_export_policy.jar

local_policy.jar

これらのファイルを

$JAVA_HOME/jre/lib/security

の中にある同名のファイルに上書きしてください。


動作確認

Tomcatなどのアプリケーションサーバを運用している場合は、設定変更後にアプリケーションサーバを再起動してください。


環境



  • 開発


    • Windows 10 Pro

    • JDK 1.8.0_131

    • NetBeans IDE 8.2




  • 動作検証


    • CentOS Linux release 7.3

    • JDK 1.8.0_131



Webツールも公開しています。

Web便利ツール@ツールタロウ