Help us understand the problem. What is going on with this article?

pepperめも_02:ペッパーとmacをつないでみる方法

More than 5 years have passed since last update.

ペッパーとmacをつないでみよう!

ペッパーとmacを繋ぐ方法をまとめました!
※随時追記していきます

環境

パソコン(mac book pro)
※OS X Yosemite
ペッパー

wifi

あらかじめ、おなじwifiにつなげておきます

IDとPASSWORD

基本的には、ペッパーの初回起動時に決めたやつを使います。
ユーザー名は nao で、パスワードは自分で決めたやつ

IPアドレスの確認のしかた

ペッパーのタブレットの後ろ(胸のあたり)に、スイッチがあるので押すとしゃべります。
それか、Choregrapheの接続ボタンを押すと表示されます。
スクリーンショット

この例だと、192.168.0.64か、tolebot.local で接続できます。
IPアドレスは変わるかもなので、ロボット名でやったほうが楽かもしれない。
※tolebotは初回起動時に決めたロボットの名前です。

Choregrapheでつないでみる1

スクリーンショット
緑のアンテナボタンを押して自分のロボットを選べばOKです!簡単!
赤いのを押すと終了します。

プログラムするときはこれを使います。

Choregrapheでつないでみる2

接続→上級者向け→ファイルの転送

スクリーンショット
メニューから、ファイルの転送を選びます。

スクリーンショット
ロボットのシェアードフォルダの中が見れます。
ファイルのアップロードとダウンロードができるみたい!

ブラウザでつないでみる

http://192.168.0.64/

ロボットウェブページ
BASIC認証でIDとPASSを聞かれます。
起動時に出るやつと同じっぽい画面が表示されます。
再起動するときに、この画面をつかうとソフトだけ再起動するのでちょっと早いです。

あと、?のメニューから、旧ロボットウェブページにいけます。
こっちのほうが、いじれる項目多いけどnao用みたいなので、つかっていいかは不明です。
ロボットのアイコンとか変えられそうだけど、元に戻せなかったら嫌だし。

FTPソフトでつないでみる(SSH)

SSHでつなげるので対応したFTPソフト(transmitとか)で簡単に繋げることができます!
スクリーンショット

こんな感じで、ペッパーの中が見れます。
スクリーンショット

ターミナルでつないでみる

ターミナルを起動して ssh nao@IPアドレス でログインできます。

ssh nao@tolebot.local

スクリーンショット

uname -a の情報がおもしろかった!

$ uname -a
Linux tolebot 2.6.33.9-rt31-aldebaran-rt #1 SMP PREEMPT RT Thu Oct 23 13:32:24 CEST 2014 i686 Intel(R) Atom(TM) CPU Z530 @ 1.60GHz GenuineIntel GNU/Linux

SSHでつないだ時の注意点

ファイルの削除とかできちゃいます。ペッパーを工場出荷時に戻す方法が謎なので怖いです。

おしまい

以上、ペッパーくんのつなげ方めもでした!
タブレットに繋ぐ方法わからないので、しってたら教えて欲しいです!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away