Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazon Echo (Alexa Skill) めも_01:フラッシュブリーフィング(フラッシュニュース)のTIPS(おもにキャッシュの話)

More than 1 year has passed since last update.

Amazon Echo (Alexa Skill) めも_01:フラッシュブリーフィング(フラッシュニュース)のTIPS(おもにキャッシュの話)

フラッシュブリーフィング(フラッシュニュース)のTIPSめもです。おもにキャッシュの話をまとめました。

フラッシュブリーフィング用のJSONについて

JSON(RSS)の取得タイミングやキャッシュについてまとめました。記事を更新してもAlexa側が更新されない問題の参考にしてください。

Q

アレクサ側でキャッシュを持っているのでしょうか?

A

アレクサ側でキャッシュを持っています。

Q

新しいJSONを取得するタイミング(キャッシュの保存期間)は、どのくらいですか?

A

新しいJSONを取得するタイミングは「コンテンツの更新頻度」によって決まります。
しかし、1時間ごと、毎日、毎週の選択肢は定刻に更新するというものではありません。
例えば、毎日に設定した場合は1日のうちどこかのタイミングで更新されます。
したがって、頻繁に更新が必要な場合は1時間ごとの更新をお勧めいたします。

※1時間ごとの更新の場合、15分おきに取得しているようです。(別回答)

Q

フィードの追加画面に「コンテンツの更新頻度」 一時間ごと、毎日、毎週
という欄がありますが、これはフラッシュブリーフィングの再生に影響がありますか?
(例:毎日にすると、1回読まれたらその日は読まれないなど)

A

更新頻度に関係なく、フラッシュブリーフィングを呼び出すたびに再生されます。
(例:毎日にすると、1回読まれたらその日は読まれないなどの処理は行われない。)

Q

JSON内で、日付を yyyy-MM-dd'T'HH:mm :ss'.0Z' の形式にする必要がありますが、
元の日付が日本時間のAM10時だった場合に、この日付はどうすればいいですか?
(時差をどうすればいいですか?)

※時差を考慮して、AM01時を指定、時差を考慮せず、AM10時を指定、タイムゾーン(GMT-08:00など)を指定
と言った感じで、色々方法はあると思うのですが、どういう指定をすればいいのか教えてください。

A

日付はSimple Date Format:のUTCまたはGMTで指定する必要があります。
これはフィードアイテムの新しさを表し、新しい順に読み上げ/再生するために使用されます。
したがって、指定する時間帯が配信するフィードで統一されていれば、運用にご都合のいい時間を設定していただければと存じます。

Q

JSONの中に古いニュースが混ざっていた場合に、そのニュースは読まない機能はありますか?
(例:24時間以上古いニュースは読まないなど)

A

フラッシュブリーフィングスキルはフィードのRSSまたはJSONファイルに含まれるアイテムを新しい順に5つ、自動再生します。

まとめ

キャッシュ系の話をまとめてみました! 間違えたニュースを配信してもキャッシュクリアできないのは辛い><

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away