HTML
CSS
IE11
grid
Autoprefixer

Autoprefixerが進化してCSS GridのIE 11対応がバリ楽になった(2017年〜2018年)

CSS Gridは便利なレイアウト手法ですが、IE 11にも対応する場合はベンダープレフィックスの付与や古い記法への対応が必要です。ベンダープレフィックスの付与や古い記法への対応を自動で行うのがAutoprefixerなのですが、2017年から2018年にかけてIE 11向けのGrid対応が大きく向上したことをご存知でしょうか?

最近のAutoprefixerを使えば、次のようなメリットがあります。

  • IE 11向けに手動で書いていた-ms-grid-column-span-ms-grid-row-spanを手動で書かなくてよい
  • IE 11で非対応のgrid-template-areasgrid-areaを変換可能
  • gap(旧名grid-gap)をIE 11向けに書き出し可能
  • repeat()をIE 11向けの旧仕様で出力可能

image.png

▲ AutoprefixerによるCSS GridのIE 11対応の一例

本エントリーで、それぞれ紹介します。

なお、CSS Gridについて不明であれば、下記を参照ください。

AutoprefixerでIE 11対応を行うには、grid: trueを指定する

AutoprefixerによるIE 11対応で重要なのは、Autoprefixerの引数にgrid: trueを渡すことです。CSS Gridのモダンなコードが、IE 11に対応した記法で出力されます。

▼ webpackやCLIの場合

postcss.config.js
module.exports = {
  plugins: [
    require('autoprefixer')({ grid: true })
  ],
};

▼ Gulpの場合

gulpfile.js
gulp.task("default", () => {
  return gulp.src("src/style.css")
    .pipe(autoprefixer({ grid: true }))
    .pipe(gulp.dest("dist"));
});

なお、Autoprefixerについて不明であれば、次の記事を参照ください。それぞれWebpack、Gulpと連携する方法について解説しています。

また、環境構築をせずにAutoprefixerを試すには、オンラインツールが便利です。

では、この設定によるメリットを見てみましょう。

-ms-grid-column-span-ms-grid-row-spanを手動で書かなくてよい

次のHTMLコードをCSS Gridでレイアウトすることを考えてみます。

HTML
<div class="container">
  <header>header</header>
  <aside>aside</aside>
  <main>main</main>
  <footer>footer</footer>
</div>

IE 11を除くモダンブラウザであれば、grid-columnで列の開始番号と終了番号を、grid-rowで行の開始番号と終了番号をそれぞれ指定することで、Gridレイアウトにおける子要素の配置位置を決定します。

モダンブラウザ用CSS
.container {
  display: grid;
  grid-template-columns: 200px 1fr;
  grid-template-rows: 50px 1fr 50px;
}

aside {
  grid-column: 1 / 2;
  grid-row: 1 / 4;
}

header {
  grid-column: 2 / 3;
  grid-row: 1 / 2;
}

/* 中略 */

IE 11では開始番号と終了番号に対応していないため、「列や行が何ライン分続くか?」の指定が可能な、-ms-grid-column-span-ms-grid-row-spanプロパティで設定します。これらのプロパティが従来のAutoprefixerでは出力されず使えなかったので、手動でプロパティを記載する必要がありました

旧対応コード
aside {
  grid-column: 1 / 2;
  -ms-grid-row-span: 3;  /* 以前はここを手動で追加していた */
  grid-row: 1 / 4;
}

2017年12月にリリースされたAutoprefixer 7.2、 2018年2月にリリースされたgulp-autoprefixer v5.0では、*-span系のプロパティが自動で出力されるようになりました。Autoprefixerの引数にgrid: trueを渡して「モダンブラウザ用CSS」のコードを変換すると、次のようにIE 11に対応したコードが出力されます。 *-span系のコードが出力されているのがわかります(/* ☆☆☆ */部分)。

変換されたCSSコード
.container {
  display: -ms-grid;
  display: grid;
  -ms-grid-columns: 200px 1fr;
  grid-template-columns: 200px 1fr;
  -ms-grid-rows: 50px 1fr 50px;
  grid-template-rows: 50px 1fr 50px;
}

aside {
  -ms-grid-column: 1;
  -ms-grid-column-span: 1; /* ☆☆☆ */
  grid-column: 1 / 2;
  -ms-grid-row: 1;
  -ms-grid-row-span: 3;  /* ☆☆☆ */
  grid-row: 1 / 4;
}

header {
  -ms-grid-column: 2;
  -ms-grid-column-span: 1;  /* ☆☆☆ */
  grid-column: 2 / 3;
  -ms-grid-row: 1;
  -ms-grid-row-span: 1;  /* ☆☆☆ */
  grid-row: 1 / 2;
}

/* 中略 */

これでIE 11でも目的のCSS Gridが実現できます。Codepenにデモをアップしました。

See the Pen IE 11 Grid: grid-column, grid-row by Takeshi Kano (@tonkotsuboy) on CodePen.

IE 11で確認すると、意図通りのレイアウトが実現できています。

image.png

grid-areasを自動で変換できる

親要素にgrid-template-areasプロパティ、子要素にgrid-areaプロパティを用いると、エリア名を指定してグリッドの領域を設定できます。番号で子要素の位置を設定する場合、列や行が増減すると番号の書き換えが発生する場合がありますが、エリア名の場合は不要です。可読性も高く、変更に強いCSS Gridのコードが書けます。

CSS
.container {
  display: grid;
  grid-template-columns: 200px 1fr;
  grid-template-rows: 50px 1fr 50px;
  grid-template-areas:
      "aside header"
      "aside main"
      "aside footer";
}

header {
  grid-area: header;
}

aside {
  grid-area: aside;
}

main {
  grid-area: main;
}

footer {
  grid-area: footer;
}

エリア系プロパティは便利なのですが、残念ながらIE 11には対応していません。したがって、IE 11でのCSS Grid対応が必要な場合はエリア系プロパティを諦め、列・行番号指定を選択していた開発者も多いのではないでしょうか。

エリア系プロパティも、Autoprefixerにgrid: trueを渡すことでIE 11向けの対応が行なえますgrid-template-areasgrid-areaの指定を元に、grid-columngrid-rowによる番号指定に変換されるのです。

変換されたCSSコード
.container {
  display: -ms-grid;
  display: grid;
  -ms-grid-columns: 200px 1fr;
  grid-template-columns: 200px 1fr;
  -ms-grid-rows: 50px 1fr 50px;
  grid-template-rows: 50px 1fr 50px;
  grid-template-areas: "aside header" "aside  main" "aside  footer";
}

aside {
  -ms-grid-row: 1;
  -ms-grid-row-span: 3;  /* ☆☆☆ */
  -ms-grid-column: 1;
  grid-area: aside;
}

header {
  -ms-grid-row: 1;
  -ms-grid-column: 2;
  grid-area: header;
}

/* 中略 */

注目すべきは、前述の*-span系プロパティの書き出しも行われていることです(/* ☆☆☆ */部分※)。Codepenにデモをアップしました。

※ この箇所以外書き出されていないのは、*-spanプロパティの値が1で省略可能の為

See the Pen IE 11 Grid: grid-area by Takeshi Kano (@tonkotsuboy) on CodePen.

IE 11で確認すると、目的のレイアウトが実現できています。

image.png

このように、Autoprefixerを使えばIE 11を気にすることなくエリア系のプロパティが使えます

gap(旧名grid-gap)プロパティのIE 11向け変換

2018年6月にリリースされたAutoprefixer 8.6より、IE 11向けのgap旧名grid-gap)が変換できるようになりました。こちらの記事で詳しく解説しています。

おまけ:repeat()を自動で変換できる

6つの同幅の列、4つの同じ高さの行など、セルを繰り返して定義したい場合は次のようにrepeat()を使うと便利です。

CSS
.container {
  display: grid;
  /* 6列。100vw/6の幅を6回繰り返す */
  grid-template-columns: repeat(6, calc(100vw / 6));
  /* 4行。100pxの高さを4回繰り返す */
  grid-template-rows: repeat(4, 100px);
}

こちらも、AutoprefixerにてIE 11対応の書き出しが可能です。(100px)[4]のような記法はなかなか覚えづらいですが、Autoprefixerを使えばそもそも覚える必要もありません。

変換されたCSSコード
.container {
  display: -ms-grid;
  display: grid;
  /* 6列。100vw/6の幅を6回繰り返す */
  -ms-grid-columns: (calc(100vw / 6))[6];
  grid-template-columns: repeat(6, calc(100vw / 6));
  /* 4行。100pxの高さを4回繰り返す */
  -ms-grid-rows: (100px)[4];
  grid-template-rows: repeat(4, 100px);
}

AutoprefixerがあればGridのIE 11対応は楽に

*-span系のプロパティを手動で書く必要がなかったり、エリア系のプロパティを書く必要がないというのは、CSS GridのIE 11対応を行う上で便利です。まだIE 11対応が必要な案件も多いでしょうから、Autoprefixerをセットで使ってできるだけコーディングの負担を減らしましょう